木南晴夏の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

木南晴夏(きなみ はるか)

 

木南

 

198589日生

身長162

 

大阪府出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

兄と姉がおり、姉は女優の木南清香

 

2001年に「夏の高校野球PR女子高生」に選ばれて、ホリプロの

オーディションでグランプリを獲得して芸能界入り。

 

木南1

 

2002年にタレントのMEGUMIらとともにアイドルユニット

「テレ朝エンジェルアイ2002」に選ばれる。

 

2004年のドラマ「桜咲くまで」で女優デビュー。

 

同年のバラエティー番組「不幸の法則」の再現ドラマに出演して

知名度が上がる。

 

2005年の「ZOO」で映画初出演し、「花咲く港」で舞台初出演。

 

以降は「セクシーボイスアンドロボ」や「銭ゲバ」、「特上カバチ」などの

話題作の連続ドラマに出演。

 

2009年の映画「20世紀少年」の出演をきっかけに注目される。

 

木南2

 

2012年の「家族百景」でドラマ初主演。

 

2013年の「百年の時計」で映画初主演。

 

その他にも「昼顔」や「妄想彼女」、「視覚探偵日暮旅人」などの

連続ドラマにレギュラー出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 雲雀ヶ丘高校 偏差値66(難関)

※その後に東京の高校に転校して卒業

 

木南晴夏さんが入学したのは、私立の共学校の雲雀ヶ丘高校です。

 

同校は県内でも有数の進学校で、卒業生の多くは難関大学に進学します

 

木南さんは同校在籍時には女優の相武紗季さんと同級生でした。

 

ところが高校1年生の時にホリプロのオーディションでグランプリを獲得すると、

東京の高校(詳細は不明)に転校して卒業しています。

 

木南さんが芸能界入りしたことに刺激を受けた相武さんは、

翌年の「夏の高校野球PR女子高生」に選ばれて同じように

芸能界入りを果たしています。

 

【主な卒業生】

紺野まひる(宝塚歌劇団・中退)

西村由紀江(ピアニスト)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:国学院大学 文学部 偏差値55(普通)

 

木南晴夏さんは高校卒業後は、国学院大学の文学部に進学します。

 

在学中は女優として活動する傍ら、語学の勉強を熱心におこない、

英語や中国語、韓国語などが堪能です。

 

このあたりを考えても、彼女が頭脳明晰で向学心も高いことが窺えます。

 

女優としては出演作が多いものの、さほど重要な役柄を獲得できなかった

時期が長かったですが、映画「20世紀少年」のヒロインを演じたことが

きっかけで連続ドラマなどにもレギュラー出演することが多くなりました。

 

演技の評価も高いようですし、まだまだ女優としては伸びしろもありそうですから、

彼女の今後に期待です。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ