滝沢カレンの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代や経歴

 

滝沢カレン(たきざわ かれん)

 

滝沢

 

1992513日生

身長170

 

東京都出身のモデル、タレント、女優

本名は宮澤まりな

 

以下では滝沢カレンさんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値や高校時代のエピソードや画像などをご紹介いたします。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親がウクライナ人、母親が日本人のハーフ。

 

2008年にミスセブンティーンのオーディションでグランプリを獲得して専属モデルとなる。

 

滝沢1

 

2009年に映画「ROOKIES」で女優デビュー。

 

他にも「マリア様がみてる」や「仮面ライダーフォーゼ」などの映画に出演。

 

 

2011年に「Seventeen」のモデルを卒業し、「JJ」の専属モデルになる。

 

2012年に「仮面ライダーフォーゼ」でテレビドラマ初出演。

 

2015年の「踊る!さんま御殿」の出演でタレントとしても人気を博し、「ヒルナンデス!」や「ダウンタウンDX」、「全力!脱力タイムズ」などの人気番組にも出演。

 

 

生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手というキャラクターで人気となる。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:不明(世田谷区内の公立小学校)

 

滝沢カレンさんの出身小学校は世田谷区内の公立小学校とのことですが、校名などは不明です(世田谷区立松原小学校が有力)。

 

生まれる前に両親が離婚したことから母子家庭で育っています。

 

3歳の頃からクラシックバレエをはじめ、小学生の頃も熱心にバレエに打ち込んでいました。

 

 

また幼い頃から洋服が好きで、当時からファッションモデルになりたいとの夢も持っていました。

 

11歳の頃には身長が168㎝もありました。

 

 

滝沢さんが小学生の頃は母親がバレエ教室の経営に忙しく、ほとんど祖母の手によって育てられています。

 

しかし祖母のしつけは厳しくオペラを聴きながら食事して、食事中はテレビが見られないなどテーブルマナーに厳しかったそうです。

 

また食事は基本的に和食で肉は誕生日などの特別な日しか食べさせてもらえず、当時はハンバーグやカレー、グラタンなどほとんど食べたことはありませんでした。

 

出身中学校:世田谷区立梅丘中学校

 

 

滝沢カレンさんは小学校卒業後は、世田谷区の公立校の梅丘中学校に進学しています。

 

バレエは当時も継続しており、中学2年生の頃まで続けています。

 

中学時代は勉強があまり得意ではなく、体育以外の成績は芳しくなかったとのこと。

 

ただし当時は漢字が好きで、漢字検定を受けるために漢字ドリルを買って熱心に勉強していました。

 

また中学生の頃に渋谷でスカウトされて、芸能事務所入りをしています。

 

(中学生の頃)

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

 

 

滝沢カレンさんの出身高校は、多くの芸能人が在籍する日出高校です。

 

中学時代にスカウトされて高校からモデルとして活動するつもりだったので、より幅広く芸能活動ができるよう同校の芸能コースに進学しました。

 

同校在校時には軽音楽部に入部してベースを担当するなど、音楽も好きなようです。

 

また既に高校時代には交際相手もいました。

 

高校2年生の頃からモデル業に加え、女優としても活動をはじめましたが、さほど出演作などは多くなかったことから、比較的普通の高校生と同じような生活だったようです。

 

ただし高校時代に事務所から喋り方を注意されており、1年間アナウンススクールに通って日本語を勉強しています。

 

その際に「謙譲語、尊敬語、タメ語とかすべての語」を習ったと話しています。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

滝沢カレンさんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念します。

 

高校も芸能コースを選択していることを考えても、当初から大学などに進学する気はなかったようにも思えます。

 

その後は主にモデルとしてキャリアを重ねましたが、2015年の「踊る!さんま御殿!!」の筋の見えない発言が面白がられ、タレントとして人気が急上昇します。

 

以降も人気のバラエティー番組に多く出演し、「日本語が下手」なキャラクターで人気を集めています。

 

ちなみに彼女の日本語ですが、幼少期に母親の仕事の関係で片言の日本語を話すロシア人が多くいたことから、その影響ということです。

 

キャラクター的にも貴重な存在なので、今後にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ