川村陽介の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

川村陽介(かわむら ようすけ)

 

 

198365日生

身長178㎝、体重67kg

 

埼玉県出身の俳優

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2000年に「21世紀ムービースターオーディション」で審査員特別賞を受賞して芸能界入り。

 

2001年の映画「死者の学園祭」で俳優デビュー。

 

2003年の「金田一耕助ファイル~獄門島」でテレビドラマ初出演。

 

2005年に出演したテレビドラマ「ごくせん」で注目される。

 

 

2007年の「新宿スワン」でテレビドラマ初主演。

 

 

2009年の「ランディーズ」で映画初主演。

 

 

以降も「ROOKIES」や「Mother」、「下剋上受験」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

LIAR GAME」や「悪夢ちゃん」、「ガキ☆ロック」などの映画にも出演。

 

私生活では2011年に中学校の同級生の女性と結婚し、一男一女が誕生した。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 西武台高校 偏差値40台半(当時)

 

川村陽介さんの出身校は、私立の共学校の西武台高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は多くのJリーガーを輩出していることで知られています。

 

また現在の同校は特別進学コースなどを設置して進学実績が上がっていますが(偏差値は4559)、当時はそこまでのレベルではありませんでした。

 

川村さんはふじみ野市立福岡中学校から同校に進学しています。

 

サッカーやスノーボードを特技としているので、スポーツは得意だったようです。

 

高校2年生の時にオーディションに合格して芸能界入りして、高校3年生の時に俳優デビューを飾っています。

 

【主な卒業生】

原口元気(サッカー選手)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

川村陽介さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

22歳の時に出演したテレビドラマ「ごくせん」で注目されて、全盛期は連続ドラマの主演を務めるほどの人気を誇りました。

 

その後は脇役での出演が多くなりましたが、コンスタントにテレビドラマや映画に起用されています。

 

俳優としても円熟期を迎えていますから、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ