江角マキコの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

江角マキコ

 

江角

 

19661218日生

身長170

 

島根県出身の元女優、元バレーボール選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

実家は農家で3人きょうだいの長女。

 

バレーボールの実業団リーグの選手として活躍した後、

モデルとして芸能界入り。

 

1995年に主演映画「幻の光」で女優デビューし、この作品の演技で

日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

同年の「輝け隣太郎」でテレビドラマ初出演を果たし、

翌年の「チキチキバンバン」で初主演。

 

1997年の「恋の片道切符」で連続ドラマ初主演。

 

1998年に主演した「ショムニ」が大ヒットでブレイクし、

続編も製作された。

 

江角2

 

その後は「独身生活」や「ラブ・レボルーション」、「地獄の沙汰も嫁次第」

などの連続ドラマに主演。

 

女優業の傍ら「グータンヌーボ」や「ウチゴハン」などのバラエティ番組の

司会を務めた。

 

2004年に国民年金のイメージキャラクターを務めていたにも関わらず、

17年間にわたる年金の未納が発覚。

 

私生活では1996年に写真家の桐島ローランドと結婚するも、9カ月で離婚。

 

2003年にディレクターと結婚し、2児をもうけている。

 

20171月に芸能界引退を発表。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:島根県 大社高校 体育科 偏差値41(容易)

 

江角マキコさんの出身校は、県立の共学校の大社高校です。

 

同校は明治31年開校の伝統校で、普通科のほか県内で唯一の体育科を

設置していることで知られています。

 

出雲市立河南中学校からバレーボールをはじめた江角さんは、

同校でもバレーボール部に所属してエースとして活躍しました。

 

同校のバレーボール部は強豪ではありませんでしたが、江角さんは

当時最高到達点が高校バレーの選手で日本一を記録するなど、

将来の逸材として注目されていました。

 

高校時代は体育教師になりたいと思っていました。

 

【主な卒業生】

竹内まりや(シンガーソングライター)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

江角マキコさんは高校卒業後は大学に進学せずに、

バレーボールの実業団に入団します。

 

当初は教師になるために大学進学を希望していましたが、

高校1年生の時に父親が急死しており、経済的な事情もあって

実業団に進んでいます。

 

複数の実業団が将来性を買って勧誘しましたが、日本たばこ(現JT)に

入団することになります。

 

江角1

 

入団後は実業団リーグ(現Vリーグ)で活躍しましたが、練習中に

上腕二頭筋を断絶する大けがを負い現役引退に追い込まれる

悲劇に見舞われます。

 

しかしその後はモデルに転身して注目を集めると、女優としても

才能が開花し、瞬く間に人気女優の地位も築きました。

 

バラエティ番組などでも司会やMCを務める器用さも兼ね備えており、

さらなる活躍が期待された矢先の突然の芸能界引退です。

 

ちょっと淋しい気もします。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ