大倉孝二の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

大倉孝二(おおくら こうじ)

 

 

1974718日生

身長187

 

東京都出身の俳優

劇団ナイロン100℃所属

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

1995年に劇団ナイロン100℃に入団し、多くの舞台に出演。

 

1998年の「踊る大捜査線SP」でテレビドラマ初出演。

 

2001年の「弟切草」で映画初出演。

 

2002年に出演した映画「ピンポン」や翌年に出演したテレビドラマ「ぼくの魔法使い」などで知名度が上昇。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「新選組!」や「西遊記」、「となりの芝生」など。

 

 

200610月からバラエティー番組「ココリコミラクルタイプ」のレギュラーを務めた(20079月まで)

 

2010年の「宇宙で1番ワガママな星」で映画初主演。

 

 

私生活では2006年に女優の朱門みず穂と結婚している。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 武蔵村山高校 偏差値44(容易)

 

大倉孝二さんの出身校は、都立の共学校の武蔵村山高校です。

 

大倉さんは東京都の立川市出身で、同市の公立中学校を卒業しているようですが校名などは不明です。

 

高校時代はバドミントン部に所属していました。

 

他にも特技は球技としていることから、スポーツは得意なようです。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:専門学校 舞台芸術学院 偏差値なし

 

大倉孝二さんは高校卒業後は、専門学校の舞台芸術学院に進学しています。

 

同校は老舗俳優養成学校として知られ、役所広司さんや市村正親さん、うつみ宮土理さんや平岩紙さんらを輩出しています。

 

卒業後に劇団ナイロン100℃を訪ねた際に、たまたまオーディションを行っていたのでこれに参加して入団。

 

以降は同劇団の中核の俳優として、数多くの舞台に出演しています。

 

またテレビドラマや映画にも進出して、個性的な脇役として多くの作品にも起用されています。

 

クセやインパクトのある役柄を演じることを得意としており、その安定した演技力で多くの作品を盛り上げています。

 

貴重な演技派のバイプレーヤーですから、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ