渡部暁斗の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

渡部暁斗(わたべ あきと)

 

 

1988526日生

身長173

 

長野県出身のノルディック複合選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

実弟の渡部善斗もノルディック複合選手。

 

2006年に17歳でトリノオリンピックに出場。

 

2009年の世界選手権の団体戦では日本の14年ぶりの金メダルに貢献。

 

 

2010年のバンクーバーオリンピックでは、日本勢最高の個人9位を記録。

 

2014年のソチオリンピックでは、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得(ラージヒルは5位)

 

 

ワールドカップでは20181月までに通算9勝を挙げている。

 

私生活では20145月にスキーのハーフパイプの選手の山崎由梨恵と結婚した。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長野県 白馬高校 偏差値37(かなり容易)

 

渡部暁斗さんの出身校は、県立の共学校の白馬高校です。

 

同校はスキーの名門校として知られ、モーグルの人気選手だった上村愛子さんも卒業生です。

 

渡部さんは白馬村立白馬北小学校から白馬村立白馬中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学4年生の頃から地元のジャンプ少年団に入団して、ジャンプ競技をはじめています。

 

中学生の頃にはジャンプの選手を目指していました。

 

しかし白馬中学校のスキー部ではクロスカントリーが義務付けられていたことからこれをはじめると、徐々に頭角を現します。

 

高校進学の際には自ら複合競技を選択すると才能が開花して、高校2年生でオリンピックに出場するほどの選手になりました。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 スポーツ科学部 偏差値60(やや難関)

 

渡部暁斗さんは高校卒業後は、早稲田大学に進学します。

 

スポーツ推薦でスポーツ科学部に入学し、大学ではスキー部に所属します。

 

後に結婚して妻となる由梨恵さんは、スキー部の後輩でした。

 

20歳の時には世界選手権の団体戦で、14年ぶりの金メダルを獲得する快挙を成し遂げています。

 

大学卒業後はスキーの名門の北野建設に入社して、ソチオリンピックでは悲願の表彰台に立っています。

 

夫婦で出場することになる平昌オリンピックでは、金メダル候補のひとりとして名前も挙がっています。

 

選手としても円熟期に入っていますから国民の期待に応えるべく、健闘を祈ります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ