松坂桃李の学歴|大学高校や中学校の偏差値と経歴

松坂桃李(まつざか とおり)

 

%e6%9d%be%e5%9d%82%e6%a1%83%e6%9d%8e

 

19881017日生

身長183cm

 

神奈川県茅ケ崎市出身の俳優

本名同じ、血液型A型

 

以下では松坂桃李さんの学歴や経歴、高校や大学の偏差値、中学時代・高校時代・大学時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、2歳年上の姉と3歳年下の妹がいる。

 

2008年にモデルのオーディションに応募しグランプリを受賞。

 

雑誌「FINEBOYS」の専属モデルとして芸能活動を開始。

 

 

2009年「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューし、映画版にも出演。

 

 

その後、「GOLD」や「怪盗ロワイヤル」の連続ドラマに出演後、2011年の「銀河英雄伝説」で舞台デビュー。

 

 

2012年にNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」でヒロインの相手役に抜擢されてブレイク。

 

 

その後は「ツナグ」や「マエストロ!」などの主演映画に出演。

 

「ダンダリン」などの連続ドラマにも主演。

 

 

「キセキ」や「不能犯」、「娼年」などの映画にも主演している。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:産業能率大学 経営学部(中退) 偏差値46(やや容易)

 

 

松坂桃李さんは高校卒業後に、私立の産業能率大学に進学します。

 

同大は東京の世田谷区にあって、経営系の学部のみを有する大学です。

 

松阪さんは友人の誘いで大学2年生の時にオーディションに合格しモデルとなり、翌年には早くも戦隊ものの「侍戦隊シンケンジャー」にレギュラーでの出演となります。

 

「シンケンジャー」に出演した当初はさほど俳優になろうという気持ちもなく、演技経験もなかったことから「やらされてる感が強くて、正直きつかった」と話しています。

 

しかし撮影後半には役者を続けたいという気持ちが強くなって、数々の作品に出演しています。

 

そのため同大を2年間休学しますが、その後もテレビドラマなどの出演などが続き、結局は大学を中退しています。

 

休学しているところをみると、本人も卒業するつもりだったようですし、両親が大学の中退には大反対したようです。

 

本人はこのことを「人生最大の決断」と語っていますが、後悔はしていないとのこと。

 

このあたりについては映画「日本の一番長い日」の完成披露舞台挨拶内で語っています。

 

(3分35秒あたりから)

 

学歴~高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 相洋高校 偏差値48(やや容易)

 

 

松坂桃李さんは中学卒業後は、私立の共学校の相洋高校に進学しています。

 

同校は小田原市にあり、中高合わせて約2000名の生徒が在籍するマンモス校として知られ、サッカー部が県内では強豪です。

 

茅ケ崎市在住の松坂さんが小田原市のこの高校を選んで進学したのは、人見知りを克服してもっと自分を出すために、あえて中学時代の友人がいない学校だったからです。

 

中学ではバスケットボール部に在籍しましたが、高校では部活動をおこなわなかったようです。

 

その理由は髪を坊主にしたくなかったからですから、当時からオシャレだったのですね。

 

高校時代はアルバイトに精を出していたそうで、スーパーや居酒屋などで働いていたそうです。

 

アルバイト代の4割程度を母親に渡すなど、親孝行な面も窺わせています。

 

また部活動はおこなっていませんでしたが、スノーボードなどに熱中していました。

 

ただし意外にも高校時代はさほど目立つ存在ではなかったとのことです。

 

また松坂さんは少年時代から温厚な性格でしたが、高校時代にティッシュ箱を友達に隠された時だけは一度だけ「ガチギレ」したとテレビ番組内で告白しています。

 

なんでも当時は鼻炎持ちでティッシュ箱持参で登校していたところそれを隠されたことから、鼻水がひどくて授業中に教科書を読むことも困難になり「いい加減にしろ!」と激怒したと話しています。

 

 

(高校の卒アル)

 

【主な卒業生】

徳光正行(キャスター、徳光和夫の息子)

織田無道(住職、タレント)

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:茅ヶ崎市立松波中学校

 

 

松坂桃李さんは小学校卒業後は、茅ケ崎市内の公立校の松波中学校に進学しています。

 

中学校時代はバスケットボール部に在籍して主力選手として活躍するなど、スポーツは得意でした。

 

また漫画の「スラムダンク」の影響でバスケットボールをはじめただけに、意外にも中学時代の夢は漫画家になることでした。

 

中学時代はあまりモテず、13歳の時に女子にモテたい一心でスラムダンクのキャラクターの宮城リョータをマネてパーマをかけたこともありました。

 

(当時の髪型)

 

この髪型はお姉さんから「ダサいから、マジでやめろ」と言われたと話しています。

 

中学2年生の時にクラスメイトの女子に自ら告白して交際をはじめていますが(はじめての彼女)、残念ながら中学3年生の時に好きな人ができたことを理由にフラれています。

 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:茅ヶ崎市立松浪小学校

 

 

松坂桃李さんは当初は茅ケ崎市立東海岸小学校に入学していますが、後に茅ケ崎市立松浪小学校に転校して卒業しています。

 

父親は臨床心理士で大学で心理学を教えており母親は大学職員で、子供の頃は厳しくしつけられています。

 

当時は合気道や水泳を習っており、運動神経もいいようです。

 

 

珍しい名前の「桃李」ですが、中国の故事の「桜梅桃李」に由来しており、「徳のある誰からも慕われる人に」と「自分らしさを大切に」という両親の願いが込められています。

 

ところが最初に入学した小学校では変わった名前だったことからイジメられて、無視されたり机に落書きされたり、教科書を隠されたりしました。

 

そのため小学校4年生の時に同じ茅ケ崎市内の松波小学校に転校して卒業していますが、根暗で感情の起伏に乏しい少年になってしまったといいます。

 

 

以上が松坂桃李さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめとなります。

 

24歳の時に出演したNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」で大ブレイクして、以降はテレビドラマや映画でも主役や準主役での起用が続きます。

 

演技力にも定評があり、やや天然ですが優しく性格がいいと人柄の評価も高いことでも知られています。

 

またカードゲームアプリ「遊戯王」の大ファンで、アプリ内のフレンドである一般人たちとのオフ会計画を語るなど、このあたりにもそのような人柄が窺えます。

 

現在では人気俳優となった松阪さんですが、役者としてもさらなる飛躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ