野田洋次郎の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

 野田洋次郎(のだ ようじろう)

 

 

198575日生

身長180

血液型はA型

 

東京都出身のミュージシャン、俳優

ロックバンドREDWINPSのボーカル・ギター

本名同じ

 

以下では野田洋次郎さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2001年に桑原彰に誘われてREDWINPSを結成し、2003年に1STシングル「もしも」をリリース。 

2006年にバンドはメジャーデビューを果たすと、2008年の「オーダーメイド」で初のシングルオリコン1位を獲得。 

以降も「マニフェスト」や「DADA」、「五月の蠅」などのヒット曲をリリース。 

2015年の主演映画「トイレのピエタ」で俳優デビューすると、日本アカデミー賞新人賞を受賞。 

2017年の「100万円の女たち」でテレビドラマ初主演。 

バンドでの活動のほか、「illion」名義でソロ活動もしている。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:慶応義塾大学 環境情報学部(中退) 偏差値70(超難関)

 

 

野田洋次郎さんは高校卒業後は、私大の名門の慶応義塾大学に進学しています。

 

高校3年生の8月からREDWINPSは野田さんの受験勉強を理由に活動を一時中止しましたが、見事に一般受験で現役合格を果たしています。

 

大学進学後はより精力的に音楽活動を再開し、大学3年生の時にバンドはメジャーデビュー。

 

 

ただし野田さんは大学時代に音楽活動に専念するために、大学は中退してしまっています。

 

この判断は一大決心だったことが報じられています。

 

RADWIMPSは地元の高校生のなかでは有名なバンドでしたが、ライブハウスに来る客はほとんど身内だけ。デビュー当初は集客にもかなり苦労していたので、食べていけるかもわからない状況で大学を中退したのは野田さんにとって一大決心だったでしょう」(音楽関係者)

 

その甲斐もあって以降は数々のヒット曲をリリースし、人気バンドへと成長を遂げていきます。

 

その一方で俳優業にも乗り出して、いきなり主演作の映画でデビューを果たしたばかりか、アカデミー賞の新人賞も受賞しています。

 

(トイレのピエタ)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 桐蔭学園高校 男子部 偏差値65(難関)

 

 

野田洋次郎さんの出身校は、私立の男子校の桐蔭学園高校男子部です。

 

同校は県内でも有数の進学校として知られるほか、サッカー部やラグビー部、硬式野球部などが強豪として知られています。

 

野田さんも高校時代はバスケットボール部に在籍しています。

 

また高校1年生の時にロックバンドREDWINPSを結成し、高校時代は高校生のイベントの「青二祭」や高校生の音楽フェスティバルなどに多数に出演しています。

 

高校3年生の時にバンドは1STシングルをインディーズから発売すると1万枚を即完売し、1STアルバムも製作されるなど、高校時代には既に音楽的な頭角を現していました。

 

(高校時代)

 

ただし野田さんは当時はミュージシャンになろうとは思っていなかったことを、インタビューで明らかにしています。

 

「勉強真面目にしてたし。サラリーマンになって父ちゃんぐらい稼げたらいいな、ぐらいの。あとやっぱり部活でインターハイ行きたかった。ちょうど俺の代で推薦が入りだして、すごい強くなって」

 

高校時代は音楽活動よりも部活動や勉強を優先させていましたが、ライブをはじめてからは生活が大変だったそうです。

 

「バンドやり始めて、ライヴやるようになって、忙しさのピークが遂に訪れて。7時半とか8時ぐらいに部活終わって、9時から町田のスタジオとか。で、11時、12時までやって、終電で家帰って、朝は朝練行って、みたいな(笑)。もう地獄ですよね(笑)」

 

そのためバスケットボール部は高校2年生の3月に辞めていますが、その直後にチームは初の全国大会へ出場しています。

 

「ちょうど俺が辞めた直後に、俺の代は初の全国出場を決めたんです。俺が3月に辞めて、その7月にインターハイに出れることになって。もうガックシですよね(笑)」

 

また野田さんは高校1年生までは学校の成績が非常によかったことをインタビューで述べています。

 

「俺、高1ん時とか、もう東大入るって言われてたぐらい頭よくて。学年1500人中、20何位まで行っだのかな。担任から呼ばれて、『おまえ、とりあえず東大だけ目指して生きてけ』「押忍!‐」みたいな(笑)。高1までは結構勉強真面目にやってましたからね」

 

【主な卒業生】

織田裕二(俳優)

デーモン閣下(ミュージシャン)

桐山漣(俳優)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:神奈川県 桐蔭学園中学校男子部 偏差値65(難関)

 

 

野田洋次郎さんの出身中学校は、私立の男子校の桐蔭学園中学校男子部です。

 

この中学校は高校に併設している系列校のなので、高校へは内部進学しています。

 

野田さんは中学受験をしてこの学校に進学していますが、もうひとつだけ受験していた慶応義塾湘南藤沢中等部(偏差値69)は不合格になったと述べています。

 

お兄さんもこの中学校に進学しており、バスケットボール部のキャプテンをやっていたので、野田さんもバスケ部に入部しています。

 

そして中学1年生からギターをはじめて、「ハマった」とのこと。

 

「勉強と、部活と、ギターと。だから、あんまり休みの日、友達と遊びに行くみたいなことはしなかったのかな。基本、部活かあったし。あいた時間はギター弾いてるっていう」

 

そして中学校2、3年生の時からオリジナル曲を制作しています。

 

「中3ぐらいかな。オリジナルなんて言えないぐらいのものですけど(笑)。やっぱコードが押さえられればもう歌のメロディーは適当にのっけられるから。それで、歌うんだったらメロディーだけじゃなくて歌詞があったほうがいいだろう、ぐらいの感じで。そのデモテープにも入れてました。あ、ファーストアルバムの。あいまいつて曲は中2ですね」

 

ただし当時はバンドをやろうという発想はなかったそうです。

 

また中学校の頃は勉強と部活動に打ち込んだとのこと。

 

「中学はほんとに勉強してましたね。あとバスケもすごい練習しましたね。朝6時とかに起きて、家出て朝練して。だから、中学は結果的に絵に描いたような優等生になりました。皆勤賞だし。一日も休まずに、骨折っても行きましたからね」

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:東京都 世田谷区立桜丘小学校

 

 

野田洋次郎さんの出身小学校は、世田谷区内の公立校の桜丘小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

野田さんは5歳から10歳までをアメリカで過ごし、帰国後は他の小学校に編入しており、その後にこの小学校に転校して卒業しています。

 

 

ただし帰国当初はかなりの違和感があったことをインタビューで述べています。

 

「ちょっとねえ、いろいろ嫌でしたねえ……。小4の3学期で帰ってきたんですけど。異物感、アメリカから帰ってきたんだ、みたいな感じ。そこでいじめは受けたり見たり、いろいろあったし、『なんだろうこれは?』つていう感じ、ありましたね。単純にシカトされたりとか、普通にあったし」

 

加えて小学校時代から勉強もスポーツもどちらもできたと語っています。

 

以上が野田洋次郎さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

バンドはNHKの紅白歌合戦に出場したこともあり、現在でも高い人気を誇っています。

 

また野田さんもバンドのフロントマンとして音楽性は高く評価されていますし、俳優としても注目されています。

 

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まっています。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ