清水尋也の学歴|出身高校や大学の偏差値と都立三鷹高校でない理由

 

俳優の清水尋也さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。個性派俳優として知られる清水さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

清水尋也(しみず ひろや)

 

 

199969日生

身長186

血液型はO型

 

東京都出身の俳優

本名同じ

 

以下では清水尋也さんの学歴や経歴、出身高校や大学などの偏差値をご紹介いたします




 

経歴

 

2012年のテレビドラマ「高校入試」で俳優デビュー。 

2013年の「ラジオデイズ」で映画初出演。

以降も「ソロモンの偽証」や「ちはやふる」、「ハルチカ」などの映画に出演。 

「放課後グルーヴ」や「電影少女」、「チア☆ダン」などの連続ドラマにもレギュラー出演。

2018年の「インベスターZ」でテレビドラマ初主演。 

「東京暇人」や「ソレダメ!」などのバラエティー番組にも出演している。

 

清水尋也の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

※現在は目黒日本大学高校

 

 

 

清水尋也さんの出身高校は、芸能人御用達の日出高校です。

 

清水さんは学歴や出身校に関しましては何ひとつ語っておらず、高校も日出高校堀越高校、また進学校で知られる都立三鷹高校(偏差値63・現在は都立三鷹中等教育校)などの名前が挙がっていました。

 

まず三鷹高校に関しましてはネット上に頻に名前が挙がっているものの、目撃情報や同級生などのツイートなどの根拠となりそうなものは一切ありません。

 

また清水さんは高校時代は軽音楽部に在籍していたそうですが、同校には軽音楽部もありません。

 

そのため清水さんの母校が都立三鷹高校である可能性は、かなり低いように思われます。

 

※追記

清水さんの高校卒業の際の制服画像から日出高校の出身者ということが確定しました

 

 

清水さんは小学校時代に芸能界入りをしていることから、より幅広く芸能活動をおこなうために同校の芸能コースに進学したのでしょう。

 

高校時代は女優の田中芽衣さんと吉川愛さんと同級生でした。

 

 

清水さんは高校時代は軽音楽部に在籍をしていました。

 

音楽をはじめたきっかけについてインタビューで次のように話しています。

 

「音楽も、パッと興味が湧いたんです。そのタイミングでたまたま知り合いからベースを譲り受け、ちょっとやってみようかなって。」

 

清水さんは学生時代の交友関係について次のように話しています。

 

「仕事以外では仕事のことは考えないし、友達ともたくさん遊ぶ。学校の友達とかは、僕がこういう仕事をしていることは度外視で、一人の人間として接してくれたのですごくありがたかったですね。」

 

なお清水さんは高校時代は学業優先のスタンスで、さほど多くの仕事はしていません。

 

 

高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

大学に進学しなかったことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「中学生になる直前にこの仕事を始めたのですが、続けてきたバスケットに打ち込んでいたらどうなっていたんだろう、大学受験をしていたらどんな大学に行って何を学んでどんな職業に就いて生活していたんだろうとは思いますね」

 

清水さんは高校を卒業すると活動の幅が広がって、「チア☆ダン」などの話題作のテレビドラマに起用されています。

 

また高校を卒業した2018年には、「インベスターZ」ではじめて連続ドラマに主演しています。

 

 

2020年には「青い、森」で映画に初主演しています。

 

 

以降も俳優として順調にキャリアを重ねており、2021年にはNHKの朝ドラ「おかえりモネ」に出演しています。

 

 

このテレビドラマで知名度もアップしたことから、今後はますます出演作が増えていきそうですね。

 

スポンサードリンク

 

清水尋也の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 日出中学校(有力) 偏差値42(容易)

※現在は目黒日本大学中学校

 

 

 

清水尋也さんの出身中学校は、私立の共学校の日出高校が有力です。

 

清水さんはインタビューで中高一貫校を、中学受験したことを明らかにしています。

 

そのため中学受験でこの学校に入学して、エスカレーター式に高校に進学したというのが有力です。

 

後述するように清水さんは小学校時代から芸能活動をしており、芸能活動に寛容なこの中学校に入学したようです。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍をしており、運動神経は良かったようです。

 

自身の中学時代についてインタビューで次のように振り返っています。

 

「あの頃は中学生で、ずっとバスケットボールをやっていたんですけど、スポーツ選手になれるかっていうとそういうわけでもない。別にこれは調子にのってるとかじゃないのですが…、僕は小さい頃から何でもそこそこできて、苦手なことがあまりなかったんです。でも全部が70、80点で、100点のものがなくて。」

 

そしてお芝居をはじめたところだんだんと面白くなり、これなら100点を取れるかもしれないと思うタイミングが合ったと話しています。

 

仕事面では中学1年生の時に、テレビドラマ「高校入試」で俳優デビューを飾っています。

 

 

中学3年生だった2014年に、映画「渇き。」で壮絶なイジメに遭う役柄を好演しています。

 

 

また同じ年には映画「ソロモンの偽証」に出演して不良役を演じています。

 

 

このように清水さんは両極端な役柄を演じきったことで、この頃から俳優として注目を集めはじめています。

 

スポンサードリンク

 

清水尋也の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

清水尋也さんの出身小学校は、都内の学校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族のようです。

 

 

4歳年上の兄は俳優の清水尚弥さんです。

 

3歳の頃から地元でサッカーを習っており、この頃の将来の夢はサッカー選手になることでした。

 

しかし清水さんの通っていた小学校にはサッカー部がなかったことからバスケットボール部に入ると、背も高かったこともありどんどん嵌っていきました。

 

小学6年生の時に兄の事務所のスタッフにレッスンに来ないかと誘われています。

 

この時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「事務所の方が『レッスンに来なければ、家まで迎えに行く』とまで言ってくれていたので、恐る恐るレッスンに行ったのを覚えています。そこで、初めて恥ずかしがりながらも、台本を読んで演技をする未知の体験をしました。でも、とても楽しく充実した時間を送れたので、この先、成功するかどうか分からないけれど、この世界に足を踏み入れることを決心しました。」

 

そして小学校卒業間際の2月にオーディションを受けて連続ドラマ「高校入試」のレギュラーに出演することが決まりました。

 

この頃にはすでに一人で現場に行くようになっており、インタビューでは次のように話しています。

 

「何もわからない状態で小学生、中学生の頃から一人で現場に行っていました。だからこそ好き勝手にやれたし、怖いものもなかったし、そのぶん怒られたりもして。でも怒られたことはやめて、怒られなかったことは続けようってその頃から思ってましたし、それは今も変わらないですね。」

 

最初は芸能界の仕事に対して本当に興味がなかったことから「ダメだったらやめればいいや」という軽い気持ちでしたが、やってみると楽しくなり「俳優は天職」とまで語っています。

 

なお小学校時代はレッスンが中心で、目立った芸能活動はおこなっていません。

 

以上が清水尋也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 

 

学生時代から映画やテレビドラマに出演しており、演技力は折り紙つきです。

 

また個性的な役柄も演じきれる実力派です。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ