古川雄輝の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のかっこいい画像

 

俳優の古川雄輝さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は古川さんは高校まで海外に在住しており、英語がペラペラでした。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

古川雄輝(ふるかわ ゆうき)

 

%e5%8f%a4%e5%b7%9d

 

19871218日生

身長180cm

血液型はA型

 

東京都出身の俳優

本名同じ、愛称は「ふるぽん」

 

以下では古川雄輝さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

7歳からカナダで8年間暮し、高校時代はアメリカのニューヨークで過ごす。 

その後帰国し、2010年にホリプロとメンズノンノが共催したオーディションで審査員特別賞を受賞して芸能界入り。 

同年の舞台「恋ばば14歳」で俳優デビュー。 

2011年に「高校デビュー」で映画初出演し、「アスコーマーチ」でドラマ初出演を果たす。 

2013年に出演した連続ドラマ「イタズラなKiss」が中国で大ヒットし、大人気を得る。 

その後は「永遠の0」や「L」などの映画や「八重の桜」「5→7~私に恋したお坊さん~」などのドラマといった話題作に出演。 

2014年には日中合作のドラマ「不思議的夏天」に主演し、2016年には日韓合作映画の「風の色」に主演するなど国際的に活躍している。 

ネイティブな英語も話せることから、渡辺謙のような国際的な俳優を目指している。

 

古川雄輝の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 理工学部 偏差値65(難関)

 

 

 

古川雄輝さんは高校卒業後は、名門私立大の慶応義塾大学に進学しています。

 

この大学の系列の高校に通学していたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

また高校時代はアメリカに在住していましたが、大学進学のタイミングで帰国しています。

 

在籍したのは理工学部です。

 

%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e3%80%80%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e6%99%82%e4%bb%a3

 

古川さんはこの大学で自動車の仕組みについて学んでおり、システムデザイン工学科で制御理論に関する研究室に所属しました。

 

後述するように古川さんは高校時代まではニューヨークで過ごしていたこともあり、帰国後のことについて次のように話しています。

 

「僕は全然ダメですね。人との接し方が海外と日本とでは全然違うので。今は少し良くなりましたけど、日本に帰ってきた時は大変でした。」

 

この大学ではダンスサークルに在籍しており、代表を務めていました。

 

このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「2‌5‌0人規模の大所帯をまとめ上げるのは大変なことでした。今のRevolveがどんな雰囲気になっているかはわからないですが、僕が代表だった頃は後輩に対してかなり厳しく接していました。」

 

大学時代に印象に残っていることについてインタビューで次のように話しています。

 

「Revolveというストリートダンスのサークルの仲間と、三田祭でブレイクダンスを踊ったことです。僕が振り付けもしました。サークルの仲間とは大学生活中ずっとつるんでいました。一番仲の良かったメンバーとは今でもだいたい週に一回のペースで会っています。社会に出ると、彼らのように深く関わりあえる仲間に出会うことが難しいです。」

 

古川さんは大学3年生だった2009年にミスター慶応コンテストに出場をしてグランプリを獲得しています。

 

 

このことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「大学3年生のときに、周りが就職活動を始めて『自分も動かないと』と考えたときにアピールポイントがないことに気が付いたんです。当時、ダンスサークルの代表しかやっていなくて、これだけだと面接の時に弱いなと。就活はいろいろなことを経験しているほうが有利だと考えていたので、自分のアピールの少なさに悩んでいたら『ミスター慶應コンテストに出てみない?』とオファーを受けて。それまでだったら、絶対に断っていたんですけど『上位に入れば就活に使えるかも』と考えまして(笑)。」

 

その後、各大学のミスターグランプリを集めておこなわれたオーディションに参加をしており、このオーディションでは落ちてしまいますがこのことがかなり悔しかったと話していました。

 

 

この時に今後、就職活動をして仕事で嫌なことがあった時に「あの時に芸能界に入って、俳優を目指せばよかった」と後悔しそうな気がしたそうで、俳優をやった方が後悔をしないと思い芸能界の道に進むことを決意しています。

 

そのため当初は大学院に進学することを検討していましたが、大学4年生だった2010年にホリプロのオーディションに合格して芸能界入りしています。

 

古川さんはこのように大学時代に芸能界入りしていますが学業もしっかりおこなっており、大学はキッチリと卒業しています。

 

大学を卒業した2011年にテレビドラマ「アスコーマーチ」で俳優デビューを飾っています。

 

 

この年には映画「富夫」の主演にも抜擢されています。

 

 

2013年に主演したテレビドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」が中国で大ヒットして話題になっています。

 

 

また2017年に出演したNHKの朝ドラ「べっぴんさん」では、当時29歳だったにも関わらず高校生役を演じていました。

 

 

以降も話題作の連続ドラマや映画に起用されています。 

 

スポンサードリンク

 

古川雄輝の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:アメリカ 慶応義塾ニューヨーク学院 推定偏差値55~60

 

 

 

古川雄輝さんの出身高校は、アメリカ・ニューヨークにある慶応義塾ニューヨーク学院です。

 

その名の通り慶応義塾が運営している在外教育施設で、日本人駐在員の子弟が数多く入学しています。

 

入学試験も一般入試に加えてAO入試もおこなわれており、学院長の推薦があれば原則として全員が慶応義塾大学に進学できます。

 

同校は日本の慶応義塾高校などの系列校と比べれば難易度は低いですが、学費は非常に高額で年間400万円ほどかかるとも言われています。

 

また日本の高校と異なり、4年制になっています。

 

後述するように小学校・中学校時代はカナダの学校に通っていましたが、中学校を卒業と同時に単身でニューヨークに渡っています。

 

高校時代はダンス部に在籍をしており、寮生活をしながらブレイクダンスに熱中しました。

 

 

古川さんはインタビューで次のように話しています。

 

「僕は海外の学校に通っていたということもあって、日本の学校ならではの制服とか下駄箱をみると『いいな。青春だな』と思うんですよね。」

 

また高校時代の思い出についてはインタビューで次のように振り返っています。

 

「僕は寮生活をしていたので、実は、ほとんどマンハッタンとか市内の方に来たことがなくて…。思い出は『寮生活』なんです(笑)。寮で部活に励んで、勉強してっていうのが一番記憶に残ってますね。」

 

当時はポケモンのキャラクターの「ミュウツー」というあだ名が付いていたそうです。

 

なお古川さんは高校時代まで英語圏で過ごしていたため、英語はネイティブ並みにペラペラです。

 

【主な卒業生】

藤井弘輝(アナウンサー)

末吉里花(タレント)

池端えみ(女優)

 

スポンサードリンク

 

古川雄輝の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:カナダの中学校

 

古川雄輝さんの出身中学校は、カナダの中学校です。

 

中学時代まではカナダのトロントに在住していましたが、通学していた学校の校名などは不明です。

 

古川さんは中学時代はバスケットボール部に在籍をしていました。

 

古川雄輝の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:カナダの小学校

 

古川雄輝さんの出身小学校はカナダの小学校です。

 

出身小学校もトロントの小学校ですが、校名などは不明です。

 

なお古川さんはインタビューで小学校・中学校ともに現地の学校に通学していたことを明らかにしており、日本人学校の出身者ではありません(週末だけ日本人学校に通学していた)。

 

家族構成は両親と姉と弟の5人家族です。

 

 

母親は2014年に亡くなっています。

 

父親と弟は医者をしており、父親は脳の難病の専門医であることから研究のためにカナダに渡っています。

 

そのため古川さんは7歳の時からカナダで過ごしており、カナダに渡った時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「英語がまったくしゃべれなかったんで、もう大変でした。僕は月曜から金曜まで現地校へ行って、土曜だけ日本人学校に通っていたんです。英語がしゃべれないと勉強もついていけませんし、友だちを作るのも大変で非常に苦労しましたね。」

 

以上が古川雄輝さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優として順調にキャリアを重ねて、数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。

 

主役を演じることは少ないものの、主要キャストとして作品を盛り上げています。 

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ