大貫勇輔の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

ダンサーや俳優として人気の高い大貫勇輔さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にも悪ガキだった小学校・中学校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

大貫勇輔(おおぬき ゆうすけ)

 

 

1988年8月31日生

身長180㎝

血液型は非公表

 

神奈川県座間市出身の俳優、ダンサー

本名同じ

 

以下では大貫勇輔さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

大貫勇輔の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:神奈川県 相武台高校 偏差値48(やや容易)

※現在は閉校

 

 

大貫勇輔さんの出身校は、県立の共学校の相武台高校です。

 

この高校は1979年開校の中堅県立校でしたが、2010年に同じ県立校の新磯高校と統合されて現在は神奈川県立相模原青稜高校になっています。

 

後述するように大貫さんは子供の頃からダンスに打ち込んでおり、高校時代にはコンテンポラリーダンスをはじめています。

 

また当時は「もっとうまくなるためにはバレエが必要」と思って、高校時代にクラシックバレエを習ったことをインタビューで明らかにしています。

 

そして高校2年生だった2005年にプロのダンサーとしてデビューしています。

 

ただし大貫さんはプロになろうと思ったことがなく、気が付いたらお金がもらえる公演に出演していたと語っています。

 

また高校1年生の時から母親と一緒に踊るようになり、以降は毎年1度ダンススタジオの発表会で一緒に踊っています。

 

ちなみに大貫さんは2019年7月に「めざましテレビ」のマンスリーエンタメプレゼンターに起用されていますが、その際には学生時代はほぼ「めざましテレビで育った」と述べており、この番組をよく見ていたようです。

 

【主な卒業生】

小山慶一郎(NEWS)

 

そして大貫勇輔さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

(若い頃)

 

当初は主にダンサーとして活動していましたが、23歳だった2011年にミュージカルの舞台「ロミオ&ジュリエット」で俳優デビューを飾っています。

 

ダンサーとしては2013年に、世界的な振付師・演出家のマシュー・ボーンさんの舞台「ドリアン・グレイ」に起用されたほどです。

 

 

また大貫さんは2014年には「隣の女」でテレビドラマに初めて出演しています。

 

以降は「セカンド・ラブ」や「高嶺の花」、「グランメゾン東京」などの連続ドラマにレギュラーとして起用されています。

 

 

以降も出演作が増えていきそうなので楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク

 

大貫勇輔の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 座間市立座間中学校 偏差値なし

 

 

大貫勇輔さんの出身中学校は、地元座間市内の公立校の座間中学校です。

 

大貫さんは中学・高校時代を通じてダンスに熱心に取り組んでいたことから、部活動などはおこなっていないようです。

 

ただし後に大貫さんは「最強スポーツ男子頂上決戦」にたびたび出場しており、身体能力や運動神経はかなり優れています。

 

 

また中学時代からはストリートダンスをはじめたことをインタビューで述べています。

 

なお大貫さんは中学時代はかなりやんちゃで、母親が「このままでは札付きの不良になってしまう」と考えて、当初入学した中学校からこの中学校に転校させています。

 

座間中学校に転校後はいい教師に出会ったようで、大貫さんもだいぶ落ち着いたようです。

 

なおこの中学校は神奈川県内でも生活指導などがかなり厳しいことで知られています。

 

【主な卒業生】

名取裕子(女優)

小雪(女優)

 

大貫勇輔の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

大貫勇輔さんの出身小学校は、地元座間市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

兄弟はおらず、幼少期から母子家庭に育っています。

 

(母親と)

 

母親は元体操選手でダンサーとしても活躍しており、神奈川県相模原市内のデンス教室を経営しています。

 

お母さんは大貫さんを出産直後にリュウマチを患って一時は車椅子生活もしていますが、その後に回復して一緒に母子で踊れるほどになっています。

 

ちなみに祖父は体操のオリンピック強化選手でした。

 

大貫さんも子供の頃からスポーツが得意で、小学校時代には体操のほか、水泳や剣道、サッカーなど様々なスポーツをおこなっています。

 

そして7歳の頃から母親の影響でモダンジャズダンスをはじめ、以降は徐々にダンスの比重が増えていきます。

 

なお大貫さんは小学校時代はかなりの悪ガキだったことをインタビューで話しています。

 

「小学校までは、悪かったですね(笑)。ダンスにもどこまで興味があったのか。発表会の日も隅っこでゲームしていたり。いたずらも数知れずで、あるとき、女の子を蹴ったんですよ。それで丸坊主にしました」

 

大貫さん曰く母親はかなりの人格者でそのようなことがあっても黙って聞いていたそうですが、前記のように中学校時代には業を煮やして転校させています。

 

以上が大貫勇輔さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ダンサーとしての能力は折り紙つきで、ジャズやバレエ、ストリートやアクロバットなど多岐にわたるジャンルのダンスを踊りこなすことができます。

 

 

またこのところは俳優としても注目されており、話題作の連続ドラマのレギュラーキャストとして起用されています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ