板谷由夏の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

板谷由夏

 

板谷1

 

1975622日生

身長171

 

福岡県出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

19歳だった1994年に雑誌「PeeWee」の専属モデルとして活動を開始。

 

1995年に「DA.YO.NE」の博多弁バージョン「SO.TA.I」を博多華丸・大吉らと

SOUTH END×YUKA」名義でリリース。

 

untitled

 

1999年のドラマ「パーフェクトラブ」で女優デビュー。

 

同年の「avec mon mari」で映画初出演。

 

以降は数多くの作品に出演し、ドラマの代表作は「ドッジGOGO!」や

「アイシテル」、「ギネ 産婦人科の女たち」など。

 

映画では「黄昏流星群」や「クローズド・ノート」、「ホタルノヒカリ」など。

 

私生活では2007年にスタイリストと結婚し、ふたりの男児を出産している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:九州国際大学附属高校 女子部 偏差値50(普通)

※現在は男子部と併合され共学校

 

板谷由夏さんの出身校は、私立の女子校(当時)の九州国際大学附属高校

女子部です。

 

現在は男女共学校となっており、硬式野球部や陸上部が強豪として知られています。

 

板谷さんの高校時代の情報はまったくないので、当時の詳細はわかりません。

 

板谷

(中学時代)

 

【主な卒業生】

潮田玲子(元バトミントン選手)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:福岡女学院大学 短期大学部 偏差値43(容易)

 

板谷由夏さんは高校卒業後は、福岡女学院大学短大に進学します。

 

同大に入学と同時にモデルとして活動をはじめ、短大2年生の時には

当時大ヒットした「DA.YO.NE.」のローカルバージョンを博多華丸・

大吉さんらとリリースもしています。

 

1999年に女優に転身してからは、数え切れないほどのドラマや映画に

出演しています。

 

主演作こそないものの、貴重なバイプレーヤーとして存在感も発揮していますし、

40歳を過ぎてからもワコールのイメージキャラクターに起用されるなど、

大人の魅力は健在です。

 

もともと演技力にも定評がありますし、年齢を重ねるごとに女優としての評価も

高まっていますから、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ