篠原涼子の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ヤンキーだった!

 

女優の篠原涼子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は篠原さんは中学時代はヤンキーでした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

篠原涼子(しのはら りょうこ)

 

%e7%af%a0%e5%8e%9f%e6%b6%bc%e5%ad%90

 

1973813日生

身長162

血液型はB型

 

群馬県出身の女優、歌手

本名同じ(結婚前)

 

以下では篠原涼子さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1989年に雑誌のオーディションの広告を見て応募し、芸能事務所に所属。 

1990年アイドルグループ東京パフォーマンスドールのメンバーとしてデビューし、日本武道館公演などを経験する。

1994年に小室哲哉プロデュースの「恋しさとせつなさと力強さと」をリリースしてダブルミリオンの大ヒットとなり、紅白歌合戦に初出場。 

女優としても「素顔のままで」や「若者のすべて」「きらきらひかる」などの人気作に出演し、徐々に人気も上昇。  

1999年の「恋の手裏剣」でドラマ初主演。 

2004年ごろから女優としてブレイクし、主演作が多くなる。 

2006年の主演ドラマ「アンフェア」は当たり役になり、続編にも主演。

その後も「ハケンの品格」や「ラストシンデレラ」、「オトナ女子」などの連続ドラマに主演している。 

過去に「笑っていいとも!」や「金曜日のスマたちへ」などのバラエティ番組のレギュラーを務めたこともあるが、最近はあまり出演していない。 

私生活では2005年に24歳年上の市村正親と結婚し、2人の男児を出産している。

 

篠原涼子の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:群馬県 桐生第一高校(中退) 偏差値38(かなり容易)

 

 

 

篠原涼子さんが入学したのは、群馬県の私立の共学校の桐生第一高校です。

 

この高校は1901年開校の私立高校で、スポーツコースが設置されていることから部活動が非常に盛んです。

 

特に硬式野球部は甲子園で優勝経験もある強豪で、多くのプロ野球選手を輩出しています。

 

またサッカー部も全国的な強豪です。

 

さらに同校は現在は以下の6つのコースを設置していますが、篠原さんは普通科に在籍していました(現在は総合コース)。

 

特別進学:偏差値56

進学スポーツ:偏差値42

総合:偏差値38

調理:偏差値38

製菓衛生師:偏差値38

文化教養:偏差値38

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

またパン屋や釜めし店、ステーキハウスなどでアルバイトをしていました。

 

 

%e7%af%a0%e5%8e%9f%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

(高校時代)

 

加えてバラエティ番組に出演した際には、篠原さんが在籍した当時はこの高校はヤンキーが多かったことを明らかにしています。

 

また当時の篠原さんには年上の彼氏がいて、車で送り迎えをしてもらっていたそうです。

 

 

篠原さんは高校1年生だった1989年に、月刊「デ・ビュー」に記載していた芸能事務所のオーディションに合格して芸能界入りしています。

 

そのためあっさりと高校を中退してしまいます。

 

この高校に通学したのは、わずか3か月あまりでした。

 

子供の時から中森明菜に憧れて歌手になりたいという願望を持っていましたが、それを実現するために思い切った決断をしました。

 

上京後も通信制の高校に編入することはなく、もちろん大学にも進学していません。

 

上京後は寿司店でアルバイトをしながら、レッスンに励む日々を送っていました。

 

そして翌年の1990年4月に、「東京パフォーマンスドール」のメンバーとしてデビューしています。

 

 

 

ちなみにこのグループにはダンス&ボーカルグループの先駆けで大きな注目を集めましたが、CDの売り上げは苦戦しており、大ヒット曲もありません。

 

また後に女優の仲間由紀恵さんも一時在籍していましたが、篠原さんの卒業後で在籍期間は重なっていません。

 

とは言え篠原さんは第1期のメンバーの中でも高い人気を誇っていました。

 

 

そのためグループ在籍中からタレントとしても活動しており、「ごっつええ感じ」などのバラエティ番組に出演していました。

 

 

当時は休みがなかったとインタビューで話しています。

 

「16歳でデビューしちゃって、17くらいから『(ダウンタウンの)ごっつええ感じ』に出始めた。(東京)パフォーマンスドールというグループもやっていたから、意外に休みがなかった」

 

21歳だった1994年7月に、小室哲哉さんのプロデュースで「恋しさと せつなさと 心強さと」をリリースすると200万枚を超えるミリオンセラーになっています。

 

 

そのためソロ歌手として専念するために、この年の9月に東京パフォーマンスドールは卒業しています。

 

またその後もヒット曲をリリースしていますが、25歳だった1998年頃から徐々に女優業にシフトしていきます。

 

篠原さんは女優に転身した理由については、次のようにインタビューで話しています。

 

「歌はやりたかったんだけど、やってても売れないし、自分の限度があるんだなって思った。小室哲哉さんの曲で売れてて、小室哲哉さんじゃなくなって、違うので歌い始めたときに私じゃないんだ。小室哲哉さんで売れてたんだ。間違えました」

 

とは言え女優転身後も人気を博し、2006年から出演している「アンフェア」は当たり役になっています。

 

 

また32歳だった2005年に、24歳年上の俳優・市村正親さんと結婚した際には大きな話題になっています。

 

 

以降も数々の話題作のテレビドラマや映画で、主役級として起用されています。

 

市村正親の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

スポンサードリンク

 

篠原涼子の学歴~出身中学校の詳細・ヤンキーだった!

 

出身中学校:群馬県 桐生市立広沢中学校 偏差値なし

 

 

 

篠原涼子さんの出身中学校は、地元群馬県桐生市内の公立校の広沢中学校です。

 

中学時代はダンス部に在籍していました。

 

 

篠原さんは中学時代はヤンキーだったと報じられています。

 

「中学時代の写真にはロングスカートに加え、当時、ヤンキーの間で流行した長いリボンを付け、見るからにツッパリスタイルで写っています。中学の卒業式では暴走族が彼女を祝福しに来たという逸話もあります」

 

またバラエティ番組に出演した際には、当時からヤンキーの知り合いが多かったことを明らかにしています。

 

加えて篠原さんは中学時代には、交際していた彼氏がいました。

 

また当時から芸能界志向で、数々のオーディションも受けていました。

 

スポンサードリンク

 

篠原涼子の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:群馬県 桐生市立広沢小学校

 

 

 

篠原涼子さんの出身小学校は、地元桐生市内の公立校の広沢小学校です。

 

家族構成は両親と6歳上の兄、3歳上の姉の5人家族です。

 

 

ただし2歳の時に母親を亡くしており、以降は父子家庭に育っています。

 

篠原さんは子供の頃から非常に活発で、小さい頃から男の子に混じって遊ぶほどでした。

 

また子供の頃から歌うことが大好きだったので、歌手に憧れています。

 

 

小学校時代はマンガ部に在籍していました。

 

なお小学校時代に実家が貧乏だったことから、イジメられた経験もあることを告白しています。

 

また小学校6年生の時に父親が再婚しています。

 

 

以上が篠原涼子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

歌手としてもミリオンヒットを飛ばしていますが、後に女優に転身しても大きな成功を収めています。

 

40歳を過ぎても数々の話題作に主役級で出演しています。

 

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

市村正親の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ