大竹しのぶの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

大竹しのぶ

 

大竹

 

1957717日生

身長158

 

東京都出身の女優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの四番目で、姉2人と兄と妹がいる。

 

1973年にドラマのヒロインの公募に合格し、ドラマ「ボクは女学生」で

女優デビュー。

 

大竹3

 

1975年のNHKの朝ドラ「水色の時」にヒロインに抜擢されブレイク。

 

同年の「青春の門」で舞台初出演。

 

その後は演技派女優として多くのドラマや映画に出演。

 

ドラマの代表作は「男女7人夏物語」や「徳川家康」、「元禄繚乱」、「

それでも、生きてゆく」

 

映画での代表作は「青春の門シリーズ」や「事件」、「鉄道員」など。

 

1978年の映画「事件」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

 

また1973年に「みかん」で歌手デビューしており、2016年に

NHK紅白歌合戦に初出場。

 

大竹1

 

タレントとしても多くのバラエティー番組に出演するほか、

コンスタントに舞台にも出演している。

 

私生活では1982年にテレビ局の元プロデューサーと結婚するも、

1987年に夫が病没。

 

1988年に明石家さんまと再婚してタレントのIMALUと長男を出産するも、

1992年に離婚。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 小岩高校 偏差値58程度(当時・中の上)

 

大竹しのぶさんの出身校は、都立の共学校の小岩高校です。

 

現在の同校は偏差値50程度ですが、大竹さんが在学中は進学校として

知られていました。

 

小学校の頃から活発な優等生として知られ、中学校では体操部、

高校ではバレーボール部に所属するなど、意外にも運動神経は万能です。

 

また高校1年生の時にドラマのヒロインに起用され、女優活動もはじめます。

 

父親はもともと東京電力に勤務していましたが結核になり、高校の数学教師に転身。

 

しかし入退院を繰り返していたことから、家庭は経済的に困窮しており、

学生時代の生活は厳しかったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:桐朋大学短期大学部 演劇専攻科(中退) 偏差値44(容易)

※現在は桐朋学園芸術短期大学

 

大竹しのぶさんは高校卒業後は、桐朋学園短大に進み演技を学びます。

 

しかし当時は演技派若手女優として注目されて、テレビドラマや映画に

続々と起用されたことから、時期は不明ですが短大は中退しています。

 

とは言え、以降の活躍は目覚ましく、日本のテレビ界、映画界を代表する

女優のひとりになりました。

 

現在は60歳近い年齢ですが、未だに多くのドラマや映画に起用され続け、

数多くの演技賞も受賞しています。

 

その類まれな演技力は現在でも健在ですので、息の長い活躍を

期待したいところです。

 

スポナビライブ

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ