影山優佳の学歴|出身高校中学校や志望大学の偏差値と経歴

 

影山優佳(かげやま ゆうか)

 

 

200158日生

身長154

 

東京都出身の歌手、タレント、女優

けやき坂46のメンバー

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で弟がいる。

 

20155月の「第2AKBグループドラフト会議」に出場するも、指名されなかった。

 

 

20165月のけやき坂46のオーディションに合格。

 

 

同年9月の「欅って、書けない?」でグループ入り後、テレビ番組初出演。

 

 

同年10月の「ひらがなおもてなし会」でステージデビュー。

 

20177月のテレビドラマ「残酷な観客達」で女優デビュー。

 

 

同年10月に連続ドラマ「ReMind」に出演。

 

 

他にも「ひらがな推し」や「KEYABINGO!」などのバラエティー番組に出演している。

 

20186月に学業に専念するために、芸能活動休止を発表。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 筑波大学付属筑波高校 偏差値77(超難関)

 

影山優佳さんの出身校は、国立の共学校の筑波大学附属筑波高校です。

 

同校は1888年開校の伝統校で、都内でも屈指の進学校のひとつとして知られています。

 

影山さんは系列の筑波大学附属筑波中学校(偏差値75)から、同校に進学しています。

 

なお中学校から高校にかけては内部進学のための入試があるので、相当の学力を有していました。

 

影山さんはサッカー好きで知られ、自身の特技もスキーや水泳としていることから、スポーツは好きなようです。

 

中学3年生の時にけやき坂46のメンバーになっており、学業と仕事を両立してきたのは非常に立派です。

 

高校2年生の6月に学業に専念するために芸能活動を休止していますが、恐らくは東京大学などの最難関大学を志望しているようです。

 

このレベルの高校の生徒ならば、早稲田や慶応などの難関私立大学ならば、高校3年生からの受験対策で十分間に合うはず。

 

高校2年生から受験勉強に備えるというのは、今までの遅れを取り戻して最難関の国立大学を狙う意思が推測されます。

 

とは言え同じ系列の筑波大学附属駒場高校が毎年100人程度東大に合格者を出すのに対し、同校はこのところ30人台の合格者に留まります(これでも凄い実績ですが)。

 

そのため影山さんが東大に現役合格するためには並々ならない努力も必要なところです。

 

志望は文系のようですが、東京大学の偏差値は文科Ⅰ類(主に法学部)が72、Ⅱ類(主に経済学部)が70、Ⅲ類(主に文学部)が68となっています。

 

かなりの努力家のようですから志望大学に合格して、無事にグループに復帰してほしいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ