安田顕の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

安田顕(やすだ けん)

 

安田

 

1973128日生

身長174

 

北海道出身の俳優、タレント

TEAM NACS所属

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1996年に大泉洋らと演劇ユニットTEAM NACSを結成するも、1回限りの公演で解散し就職。

 

しかし会社になじめずに8カ月で退職すると、1997年にTEAM NACS再結成する。

 

安田 N

 

1998年に大泉洋が出演していた「水曜どうでしょう」に準レギュラーで出演するようになり、知名度が上がる。

 

2002年の北海道のローカルドラマ「夏の約束」でドラマデビューを果たす。

 

2006年のNHKの大河ドラマ「功名が辻」で連続ドラマ初出演。

 

2008年の「親孝行プレイ」で連続ドラマ初主演。

 

 

その後も「ダーティママ」や「問題のあるレストラン」、「下町ロケット」などの話題作にバイプレーヤーとして出演。

 

 

映画でも「HK変態仮面」や「新宿スワン」、「ビリギャル」などの人気作に多数出演している。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:北海道 室蘭栄高校 偏差値58(中の上)

 

安田顕さんの出身校は、道立の共学校の室蘭栄高校です。

 

同校は古くから地元では進学校として知られ、後に文化人や学者になる卒業生を輩出してきました。

 

室蘭市立絵鞆小学校から室蘭市立港南中学校を経て、同校に進学しています。

 

安田顕さんの高校時代の情報はほとんどなく詳細は不明です。

 

ただし以前の映画の試写会で、高校時代の雪の降るクリスマスに、好きな女子の家の前の公衆電話から映画に誘いましたがフラれたとのエピソードを披露しています。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:北海学園大学 経営学部 偏差値50(普通)

 

安田顕さんは高校卒業後は、札幌にある北海学園大学に進学します。

 

同大入学後はジャズ研究会に入りますが雰囲気が合わず、グリークラブ、英語研究会を経て、演劇研究会に入ります。

 

そこでTEAM NACSのリーダーを務める森崎博之さんとの運命的な出会いがありました。

 

その後は、演劇研究会の後輩である大泉洋さんらとTEAM NACSを結成し、地道な活動を重ねた結果、現在はチケットがもっとも手に入りにくい公演のひとつとされるほどの人気を博しています。

 

また俳優としても個性派の脇役として知られ、NHKの朝ドラや大河ドラマをはじめとして、多くのドラマや映画に出演しています。

 

貴重なバイプレーヤーとしての演技も光り、時にはその怪演ぶりも注目されますから、息の長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ