岡田義徳の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

岡田義徳(おかだ よしのり)

 

 

1977319日生

身長172

 

岐阜県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

タレントの岡田理江は姉で、他にもう一人姉がいる。

 

1993年にバラエティー番組「浅草橋ヤング洋品店」のオーディションを姉とともに受けたことがきっかけで、スカウトされて芸能界入り。

 

1994年のテレビドラマ「アリよさらば」で俳優デビュー。

 

1995年の「渚のシンドバッド」で映画初出演。

 

1997年の映画「ときめきメモリアル」の演技で、日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

 

2002年に出演したテレビドラマ「木更津キャッツアイ」で知名度が大幅に上昇。

 

 

2007年の「ユキポンのお仕事」で連続ドラマ初主演。

 

 

以降も「13歳のハローワーク」や「マザー・ゲーム」、「探偵の探偵」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

20181月に女優の田畑智子と結婚した。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岐阜県 池田高校 偏差値47(やや容易)

 

岡田義徳さんの出身校は、県立の共学校の池田高校です。

 

大野町立大野中学校から同校に進学しています。

 

中学時代は空手を習うなど、運動は好きなようです。

 

高校時代はパンクロックのバンドを組んでおり、ドラムを担当していました。

 

岡田さんは後に浅野忠信さんらと「PIECE PILL」というロックバンドを組んでドラマーとして活躍しますが、音楽的なルーツは高校時代にあったようです。

 

高校2年生の時に姉の岡田理江さんとバラエティー番組の企画のオーディションに出演して、芸能界入りしています。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

岡田義徳さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校3年生の時から俳優活動をしており、高校卒業とともに上京して、活動の幅を広げています。

 

20歳の時にアカデミー賞新人賞を受賞して、25歳で出演した「木更津キャッツアイ」でブレイク。

 

以降は数多くのテレビドラマや映画に出演しており、中堅俳優の地位を築いてきました。

 

近年は脇役での出演が多く、安定した演技力で出演作品を盛り上げています。

 

根強い人気を誇っているだけに、今後のさらなる活躍も期待されます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ