指原莉乃の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値&高校時代や経歴

指原莉乃(さしはら りの)

 

指原

 

19921121日生

身長159

 

大分県大分市出身のアイドル

アイドルグループHKT48のメンバー、AKB48の元メンバー

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と兄。

 

2007年にAKB48の5期生のオーディションに合格し芸能界入り。

 

 

2008年の「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入り。

 

2010年の総選挙では19位になり選抜入り。

 

2012年の「ミューズの鏡」で連続ドラマ初主演し、主題歌でソロデビューを果たす。

 

 

同年にAKBからHKTへの移籍となるも、2ndシングル「意気地なしマスカレード」がオリコン1位を獲得。

 

2013年の総選挙では初の1位を獲得。

 

 

 

2015年~17年の総選挙ではともに1位となり、史上初の総選挙3連覇を達成した。

 

 

「ワイドナショー」や「スカッとジャパン」などのバラエティー番組への出演も多い。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:大分市立大道小学校

 

出身中学校:大分市立王子中学校

 

指原莉乃さんの出身小学校・中学校は、いずれも大分市内の公立校です。

 

子供の頃からピアノをはじめて、トータルで10年間習っていました。

 

 

小学校1年生の時にバラエティー番組「ASAYAN」を見たことがきっかけでモーニング娘。のファン(特に亀井絵里の大ファン)になって、アイドルに憧れています。

 

中学時代は吹奏楽部に所属してトロンボーンを担当しており、県大会に出場して金賞を獲得したこともあります。

 

当時はあまり目立たない生徒で、中学生の頃にイジメに遭って自宅に引きこもったこともありました。

 

中学2年生の時に体育会系の女子グループに目をつけられたことが引き金になって、中学3年生の頃には学校を休みがちになって秋まであまり登校しなかったとのこと。

 

しかし最終的には両親などの支えなどもあって、立ち直っています。

 

また当時から「アイドルおたく」で、ハロプロ系のおたくの間では有名な存在でした。

 

また中学校ではSKE48に所属した矢方美紀さんと同級生でした。

 

中学3年生の時にAKB48の5期生のオーディションに合格しています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:クラーク国際高校 通信制 偏差値なし

 

指原莉乃さんの出身校は、通信制のクラーク国際高校です。

 

同校は他の高校と併願することなく、学ぶ意志さえあれば無条件で入学できますので偏差値はありません。

 

キャンパスも北は北海道から南は沖縄まであり、スクーリングが非常にしやすいのも特徴です。

 

また近年、芸能人や有名人の在籍も増えており、今後もこの傾向は続きそうです。

 

指原さんは中学校3年生の時にAKBのオーディションに合格し上京したため、幅広く芸能活動をおこなえるよう、通信制の同校に進学したようです。

 

高校1年生の8月にAKB48の正規メンバーとなって、10月にリリースされた「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバーに起用されています。

 

高校時代はAKBの総選挙でも選抜メンバー入りするなど、大きく飛躍しましたが仕事中心の高校時代だったようです。

 

 

 

 

【主な卒業生】

小林可夢偉(F1レーサー)

北川景子(女優・編入)

市原隼人(俳優・編入)

重盛さと美(タレント・編入)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

指原莉乃さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念します。

 

高校卒業時にはAKB48の主要メンバーになっており、ライブやテレビ番組でも活躍していたので進学する選択肢自体なかったようです。

 

今やAKBのグループ中でも絶大な人気を誇る指原さんですが、バラエティー番組などでも独特のキャラクターで人気を博しています。

 

移籍したHKT48では数多くの後輩たちを育てましたし、最近では新たなアイドルグループのプロデュースを手掛けるなど、多方面で活躍しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ