岸井ゆきのの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

岸井ゆきの(きしい ゆきの)

 

 

1992211日生

身長148.5

 

神奈川県出身の女優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2009年のテレビドラマ「小公女セイラ」でデビュー。

 

 

2011年の「マイ・バック・ページ」で映画初出演。

 

同年の「43」で舞台初出演。

 

2013年の「3つの告白」でテレビドラマ初主演。

 

2014年に出演した東京ガスのCMで注目される。

 

 

以降も「99.9」や「突然ですが、明日結婚します」、「モンテ・クリスト伯」などの話題の連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

「銀の匙」や「ピンクとグレー」、「森山中教習所」などの映画にも出演。

 

2017年の「おじいちゃん、しんじゃったって」で映画初主演。

 

 

テレビドラマや映画のほか、舞台への出演も多い。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 秦野総合高校 偏差値42(容易)

 

岸井ゆきのさんの出身校は、県立の共学校の秦野総合高校です。

 

同校は部活動が盛んで、バレーボール部や女子ソフトボール部が県内では強豪として知られています。

 

岸井さんの出身中学校は、秦野市立南が丘中学校が有力です。

 

小学校1年生から中学校3年生までは器械体操に取り組んでいました。

 

選手になることを目指しており、かなり本格的におこなっていたようで、運動神経もいいようです。

 

高校在学中に山手線に乗車していたところをスカウトされて、芸能界入りを果たしています。

 

高校3年生の時に女優デビューしており、その後も連続ドラマのレギュラーに起用されるなどしており、高校生活の後半は仕事で多忙だったようです。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

岸井ゆきのさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業すると、映画や舞台などにも出演しはじめて活動の幅を広げています。

 

以降もコンスタントに作品に起用されており、女優としてのキャリアを順調に積んでいます。

 

22歳の時に出演した東京ガスのCMで注目されると、徐々に知名度も上昇。

 

最近では連続ドラマの主要キャストに起用されるなど、注目の若手女優となりました。

 

初主演した映画の演技が高評価でヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を受賞するなど、演技力にも定評があります。

 

今後も多くの作品に起用されそうですから、その動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ