佐津川愛美の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

佐津川愛美(さつかわ あいみ)

 

 

1988820日生

身長152

 

静岡県出身の女優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

兄が2人いる。

 

2002年にスカウトされて芸能界入りし、当初はCMやグラビアなどで活動。

 

2004年のテレビドラマ「ほんとうにあった怖い話」で、主演として女優デビュー。

 

 

2005年の「蝉しぐれ」で映画初出演。

 

2006年の「センチメンタルハイウェイ」で映画初出演。

 

 

以降も「海と夕陽と彼女の涙」や「春色のスープ」、「渋谷」などの映画に主演。

 

 

「梅ちゃん先生」や「恋愛時代」、「朝が来る」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

その他にも舞台や朗読劇に出演している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

 

佐津川愛美の出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

静岡市立城内中学校から同校に進学しています。

 

小学校の頃から新体操をおこなっており、ジュニアオリンピックの東海大会で3位となり、全国大会にも出場したほどです。

 

佐津川さんは中学2年生で芸能界入りしており、高校からは女優デビューをすることが決まっていたので、より幅広く芸能活動をおこなうために、同校の芸能コースに進学しました。

 

日出時代の同級生には、女優の新垣結衣さんや多部未華子さんらがいました。

 

高校時代の情報はほとんどなく高校生活の詳細は不明ですが、女優として多くのドラマに出演しており、また写真集なども刊行していることから、仕事中心の高校生活だったようです。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

佐津川愛美さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業後はさらに多くの作品に出演して、女優としてのキャリアを積んでいきました。

 

当初は清純派女優として売り出されていましたが、濡れ場なども辞さずに役柄の幅を広げていきました。

 

10代の頃のように主演作は少なくなりましたが、わき役として話題作の連続ドラマや映画に起用されるなど、根強い人気を誇っています。

 

年齢的にも女優として円熟期を迎えますので、さらなる成長にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ