唐沢寿明の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

唐沢寿明

 

%e5%94%90%e6%b2%a2

 

196363日生

身長175

 

東京都出身の俳優

本名は唐沢潔

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の真ん中として生まれる。

 

1980年から俳優活動をはじめるも、当初はほとんどがエキストラ出演。

 

1988年に出演したNHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」で知名度を上げる。

 

1991年の主演作「ハロー張りネズミ」で映画デビュー。

 

1992年のドラマ「愛という名のもとに」でブレイクし、同年の「ホームワーク」で

ドラマ初主演。

 

その後は「美味しんぼ」や「ラブコンプレックス」、「白い巨塔」などの

人気の連続ドラマに主演。

 

2002年の大河ドラマ「利家とまつ」で主演。

 

映画でも「ラヂオの時間」や「みんなのいえ」、「20世紀少年」などの

話題作で主演。

 

最近でも「ナポレオンの村」やNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」などに出演。

 

私生活では1995年に女優の山口智子と結婚している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 蔵前工業高校 偏差値47(容易)

 

唐沢寿明さんの出身校は、都立の共学校の蔵前工業高校です。

 

唐沢さんは中学生の時にブルース。リーに憧れて俳優を志し、

高校1年生の時に東映アクションクラブに入所します。

 

学業もそれなりの成績を残していましたが、本格的に俳優を目指すために

高校2年生の時に中退しています。

 

高校の中退を巡っては父親と衝突して家出し、その後は叔母の家に居候していました。

 

しかし当初はオーディションにまったく合格せず、エキストラの役ばかりでした。

 

また東映アクションクラブ出身ということで、スーツアクターの仕事も多く、

仮面ライダーシリーズや戦隊ものに多く出演していました。

 

%e5%94%90%e6%b2%a2%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc

 

またスタントのような仕事も多くこなし、30メートルから飛び降りて3万円、

全身燃える役で3万円の報酬を受け取っていたそうです。

 

そのため骨折や捻挫は日常茶飯事で、保険にも入れない状況でした。

 

とにかく顔を出してセリフのある役を求めた唐沢さんがようやくオーディションに

合格したのは、24歳の時でした。

 

しかしその舞台出演を機に芸能事務所から声がかかり、ドラマの仕事も多くなりました。

 

そして大きなチャンスを掴んだのが、NHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」への

出演でした。

 

後の妻となる山口智子さんがヒロインでしたが、当時の唐沢さんは25歳にして

既に8年ものキャリアがありました。

 

その後は順調にキャリアを重ね、現在は50歳を超えていますが、

未だに連続ドラマなどにも主演するほどの人気を誇ります。

 

下積みが長かった苦労人だけに、息の長い活躍を期待したいですね。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ