森口瑤子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

森口瑤子(もりぐち ようこ)

 

 

196685日生

身長164

 

東京都出身の女優

旧芸名は灘陽子

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

1983年に「ミス松竹」に選出されて、同年の映画「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」で女優デビュー。

 

 

1985年の「必殺仕事人Ⅴ」でテレビドラマ初出演。

 

1990年のNHKの朝ドラ「凛凛と」に起用されて知名度が上昇。

 

以降は数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「やまとなでしこ」や「サラリーマン金太郎」、「汚れた舌」など。

 

 

当初はタレント活動もおこなっており、「上岡龍太郎がズバリ!」のアシスタントや、「世界・ふしぎ発見」のゲストミステリーハンターを務めたこともある。

 

私生活では1998年に脚本家の坂元裕二と結婚している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 京華女子高校 偏差値47(やや容易)

 

森口瑤子さんの出身校は、私立の女子高の京華(けいか)女子高校です。

 

同校は1909年創立の伝統校で、TBSアナウンサーの小倉弘子さんも卒業生です。

 

また現在の同校は進学コースを設けるなどして進学率の向上に努めていますが、森口さんが在籍時にはそのようなコースはありませんでした。

 

なお出身中学校は系列の京華女子中学校が有力視されていますが、確証などはないようです。

 

森口さんは小学生で女優を志して、高校時代には演劇部に所属していました。

 

高校2年生の時に出場した「ミス松竹」で、グランプリに輝いて女優デビューを果たしています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:共立女子短期大学 文科 偏差値48(やや容易)

 

森口瑤子さんは高校卒業後は、共立女子短期大学に進学しています。

 

当時は既に映画やドラマに出演していましたが、学業と仕事を両立させて、短大は無事に卒業しています。

 

以降の活躍は周知の通りで、1990年代半ばごろから話題作の連続ドラマの主要キャストに起用されるなどして人気女優の地位を築いています。

 

既に年齢は50代に入っていますが、未だ衰えぬ美貌で第一線で活躍しています。

 

現在でも高い人気を誇るだけに、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ