池内博之の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

池内博之(いけうち ひろゆき)

 

 

19761124日生

身長176

 

茨城県出身の俳優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

父親はエルサルバドル人で母親は日本人のハーフ。

 

当初はモデルとして活動するが、1997年のテレビドラマ「告白」で俳優デビュー。

 

同年の「ドリーム・スタジアム」で映画初出演。

 

GTO」や「天国に一番近い男」、「ビューティフルライフ」などの連続ドラマの出演で人気を博す。

 

 

1998年の「BLUES HARP」で映画初主演。

 

 

2004年の「髑髏城の七人」で舞台初出演。

 

2006年の映画「13の月」では監督も務めている。

 

 

2007年の「波のロード」でテレビドラマ初主演。

 

以降も「空飛ぶ広報室」や「ハニートラップ」、「八重の桜」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

「チーム・バチスタの栄光」や「ハンサムスーツ」、「スイートハート・チョコレート」などの映画にも出演している。

 

中国映画や香港映画への出演も多い。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:茨城県 佐和高校 偏差値49(やや容易)

 

池内博之さんの出身校は、県立の共学校の佐和高校です。

 

同校は部活動が盛んで、60%以上の生徒が部活動に加入しています。

 

池内さんはひたちなか市立大島中学校から同校に進学しています。

 

小学校の時から中学までは柔道に取り組んでおり、学生時代に黒帯も取得しています。

 

また手先が器用で物作りも好きだったことから、意外にも家庭科の成績は常に「5」でした。

 

高校時代にスカウトされて芸能事務所入りを果たして、モデルとしての活動を開始しています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

池内博之さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

20歳の頃から本格的に俳優として活動しはじめると、人気の連続ドラマに立て続けに起用され、若手人気俳優の仲間入りを果たしています。

 

その後も多くの作品に出演し、このところは中国や香港の映画にも出演しており、ワールドワイドな活躍も見せています。

 

根強い人気を誇るだけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ