徳永えりの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

徳永えり(とくなが えり)

 

 

 

198859日生

身長156

 

大阪府出身の女優

旧芸名は徳永えりな

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2002年にティーン向けファッション誌「ピチレモン」のオーディションで準グランプリになって、モデルとしてデビュー。

 

 

2004年に芸名を「徳永えり」にして、ドラマ「放課後。」で女優デビュー。

 

2006年に主演映画「放郷物語」で映画初出演。

 

 

2008年の「ファントム」で舞台初出演。

 

2010年にヒロインとして出演した映画「春との旅」の演技が評価され、複数の映画賞の新人賞を受賞。

 

 

2012年のNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」で、ヒロインの親友役を演じて知名度が上がる。

 

 

2013年の「今日も地獄でお待ちしています」でドラマ初主演。

 

 

以降も「心がポキッとね」や「いつかティファニーで朝食を」、「わろてんか」などの話題の連続ドラマにレギュラー出演。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:キャットミュージックカレッジ 高等部 偏差値なし

 

徳永えりさんの出身校は、大阪のキャットミュージックカレッジ高等部です。

 

同校はミュージシャンやダンサーを育成する専門学校ですが、通信制の高校と提携する形で高校の課程も設置しています。

 

吹田市立青山台中学校から同校に進学しています。

 

徳永さんは中学2年生の時にモデルとしてデビューし、より幅広く芸能活動をするために同校に進んでいます。

 

同校でダンスなどを学びながら高校1年生の時に、女優デビューを果たしています。

 

高校3年生の頃からは女優としての活動も本格化して、主演映画に出演したほか、複数の連続ドラマのレギュラーに起用されています。

 

【主な卒業生】

山本彩(NMB48

山下健二郎(三代目J Soul Brothers

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

徳永えりさんは高校を卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業以降はさらに多くの作品に出演して、順調に女優としてのキャリアを重ねていきました。

 

24歳の時に出演したNHKの朝ドラで知名度が急上昇して、以降は人気の連続ドラマに主要キャストとして起用されます。

 

主演作は非常に少ないですが脇役の演技は好評で、多くの作品を盛り上げています。

 

将来的には「名脇役」と呼ばれる女優になりそうですから、今後の大きな飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ