馬渕英里何の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

馬渕英里何(まぶち えりか)

 

 

197837日生

身長158

 

香川県出身の女優

旧芸名は馬渕英俚何

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

兄がいる。

 

1992年のホリプロ「スカウトキャラバン」で

グランプリを獲得して芸能界入り。

 

1993年のドラマ「ツインズ刑事」で女優デビューし、

「ときめき時代」でドラマ初主演。

 

1994年の「タイクツな爆弾」で舞台初出演。

 

1995年の「ひめゆりの塔」で映画初出演。

 

1996年から出演している「白線流しシリーズ」で注目を集める。

 

 

以降も多くの作品に出演しテレビドラマの代表作は「GTO」や

「愛しき者へ」、「プラチナエイジ」など。

 

 

Shall we ダンス?」や「感染列島」、「大人ドロップ」などの

映画にも出演している。

 

その他にも舞台への出演が非常に多い。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

 

馬渕英里何さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる

日出高校です。

 

地元・香川県の中学3年生の時にスカウトキャラバンで

グランプリを獲得。

 

高校に進学するタイミングで上京して、より幅広く芸能活動を

するために同校の芸能コースに進学しています。

 

高校時代はタレントの矢田亜希子さんや女優の小田茜さんらと

同級生でした。

 

馬渕さんの高校時代の情報は皆無ですが、高校1年生の時に

女優デビューを果たし、その後はドラマや映画、舞台に

数多く出演していますから、仕事中心の高校生活だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

馬渕英里何さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、

芸能活動に専念しています。

 

高校時代には既に有望な若手女優でしたが、高校を卒業した年に

出演した「白線流し」で女優としての人気を決定づけました。

 

以降は数え切れないほどの作品に出演しており、

昼ドラやSPドラマでは主演を務めるほどです。

 

現在では脇役での出演が多くなりましたが、

存在感のある演技で作品を盛り上げています。

 

またこのところは舞台出演を重視しており、

毎年のように出演をしています。

 

未だに根強い人気を誇っているので、

今後の活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ