井之脇海の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|子役出身だった!

 

俳優の井之脇海さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。若手演技派俳優として知られている井之脇さんですが実は子役出身で、小学校時代からドラマや映画に出演していました。学生時代のエピソードや情報、子役時代のかわいい画像なども併せてご紹介します

 

井之脇海(いのわき かい)

 

 

19951124日生

身長177

血液型はB型

 

神奈川県横須賀市出身の俳優

本名同じ

 

以下では井之脇海さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 
9歳から子役として活動をはじめ、2006年の「柳生十兵衛七番勝負」でテレビドラマ初出演。 

2007年の「夕凪の街 桜の国」で映画初出演。 

同年から「天才てれびくんMAX」に出演。 

2008年の映画「トウキョウソナタ」でキネマ旬報新人男優賞を受賞。 

2010年の「やつらは多分宇宙人」で連続ドラマはレギュラー。 

2013年のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で、ヒロインの杏の弟役を務めて注目される。 

以降も「ひよっこ」や「おんな城主直虎」などの話題の連続ドラマに出演。

「合葬」や「帝一の國」、「海辺と生と死」などの映画にも出演。

 

井之脇海の学歴~出身大学(日本大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 芸術学部映画学科演技コース 偏差値47(やや容易)

 

 

 

井之脇海さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

在籍した芸術学部は「日芸」の愛称で親しまれ、多くの芸能人を輩出しています。

 

井之脇さんは中学時代に出演した映画「トウキョウソナタ」で共演した俳優の香川照之さんから大学進学を勧められたことから、既に中学時代に大学への進学を決意しています。

 

 

この大学の芸術学部では、映画や演技について学んでいました。

 

このあたりについては井之脇さんはインタビューで次のように話しています。

 

「テキストを渡されて芝居を作ってみたりとか、テキストの読み解き方だったりとか。映画を多角的に勉強することが多かったです。例えば、同じ映画を演技の面から、撮影の面から、そして美術やストーリーの面から見たり。映画やドラマをいろんな視点から見られるようになりましたね」

 

大学2年生だった2015年には、この大学で製作し脚本・監督・出演をした短編映画「言葉のいらない愛」がカンヌ映画祭に出品されています。

 

大学進学後も順調に俳優としてのキャリアを重ねて、人気の連続ドラマや映画で主要キャストとして起用されています。

 

特に大学4年生だった2017年には、NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演しています。

 

 

また同じ年にはNHKの朝ドラ「ひよっこ」にも起用されるなど、俳優としての知名度を上げています。

 

 

加えて井之脇さんは大学で映画を学んだことから、大学時代には「言葉のいらない愛」など2本の短編映画を監督しており、この作品はカンヌ映画祭のマルシェに出品されています。

 

ただし学業との両立には苦労しており、仕事を抑えたこともありました。

 

このあたりについては次のように話しています。

 

「学業もちゃんとやりたかったので、絶対大学は出たいって思っていて。そうすると必然的に仕事のペースは抑えなきゃいけない部分もあって、その時その時に同世代の役者さんが出てきた時はジェラシーもありました」

 

そんな大学時代でしたが井之脇さんは仕事と学業を両立させて、4年間でキッチリと大学を卒業しています。

 

またちゃんと学校に通学したことや大学を卒業したことについては、「誇りに思う」と述べています。

 

大学卒業後は活動の幅も広がって、数々の作品に出演しています。

 

2020年には「ハルとアオのお弁当箱」で、連続ドラマにはじめて主演しています(吉谷彩子とW主演)。

 

 

またメディアへの出演も増えています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

井之脇海の学歴~出身高校(日出高校)の詳細

 

出身高校:東京都 日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

※2019年4月から目黒日本大学高校

 

 

 

井之脇海さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

中学時代には人気子役だったので、より芸能活動を幅広く芸能活動をおこなうために同校の芸能コースに進学しています。

 

この高校では以下の人物たちが同級生でした。

 

生駒里奈(乃木坂46)

小森隼(GENERATIONS)

橋本愛(女優)

稲村亜美(タレント)

 

井之脇さんが日出高校に在籍した当時は同じ学年にあまり芸能人が多くなく、本人も友達は少なかったと語っています。

 

 

高校時代は仕事もあったことから帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

当時の情報は少ないですが、日出高校のHPの「在校生VOICE」のコーナーに、仕事と学業を両立させて充実した高校生活を送っている旨のメッセージが掲載されたことがありました。

 

高校のHPに掲載されるほど、模範的な生徒だったようです。

 

仕事面では高校2年生だった2012年に、NHKの大河ドラマ「平清盛」に起用されています。

 

 

また翌年にはNHKの朝ドラの「ごちそうさん」にも出演しています。

 

 

井之脇さんは高校時代を語ることはあまりありませんが、仕事中心の高校時代だったようです。

 

スポンサードリンク

 

井之脇海の学歴~出身中学校(日出中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 日出中学校 偏差値42(容易)

※現在は目黒日本大学中学校

 

 

 

井之脇海さんの出身中学校は、私立の共学校の日出中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校なので、高校へは内部進学で進んでいます。

 

井之脇さんは当初は地元神奈川県横須賀市内の中学校に進学しようと思っていましたが、小学校6年生の時に撮影がはじまった映画「トウキョウソナタ」がきっかけでこの中学校に進学したことをインタビューで話しています。

 

「黒沢監督と出会ったことは大きな転機になりました。お芝居ができなくて初めて悔しいと思った反面、評価もされた作品。撮影は12月だったんですけど、急きょ進路変更して、芸能コースのある中学に行くことにしました」

 

この中学校では俳優の神木隆之介さんと同級生で、現在でも親友の仲です。

 

ただし神木さんは高校は他校に進学しており、別々になっています。

 

 

井之脇さんは中学1年生だった2008年に出演した映画「トウキョウソナタ」で、数々の映画賞の新人賞を受賞。

 

 

さらには同作品はカンヌ映画祭の審査員賞も受賞したことから、共演者の香川照之さんらとレッドカーペットも歩いています。

 

スポンサードリンク

 

井之脇海の学歴~出身小学校の詳細・子役出身だった!

 



 

出身小学校:不明

 

井之脇海さんの出身小学校は、地元の横須賀市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

ただし時期は不明ですが両親は離婚しており、母子家庭に育っています。

 

横須賀の海の近くで生まれたことから「海」と命名されています。

 

祖母が箏の師範だった影響で、井之脇さんも自然と箏が弾けるようになっています。

 

その他にもピアノが弾けます。

 

井之脇さんは9歳の時から子役として芸能活動を開始していますが、当時は母親の病気もあって家族にあまりかまってもらえなくなったと感じており、どうやったら注目してもらえるかということを考えたら、テレビに出演するという結論に至ったとインタビューで話しています。

 

 

また小学生の頃は劇団ひまわりに所属しており、そこで芝居の面白さに目覚めています。

 

11歳だった2006年に、「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」ではじめてテレビドラマに子役として出演しています。

 

小学校6年生の頃には「天才てれびくんMAX」にてれび戦士として出演しています。

 

 

前記の出世作になった映画「トウキョウソナタ」は小学校6年生の頃から撮影がはじまっています。

 

以上が井之脇海さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役時代から数々の作品に出演してきましたが、このところは話題作の連続ドラマや映画に主要キャストとして起用されています。

 

主演作こそまだありませんが、もともと演技力には定評があるので、今後は俳優として大きく飛躍する可能性も秘めています。

 

 

今後の動向にも注目です。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ