益子直美の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代や若い頃の画像

元バレーボール日本代表でタレントやスポーツキャスターとしても人気が高い益子直美さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はバレーボールが大嫌いだった高校時代など、学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像などをご紹介いたします

 

益子直美(ますこ なおみ)

 

 

1966520日生

身長175㎝、体重58kg

血液型はA

 

東京都葛飾区出身のタレント、スポーツキャスター

元バレーボール日本代表

本名同じ

 

以下では益子直美さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

益子直美の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 共栄学園高校 偏差値49(やや容易・現在)

 

 

益子直美さんの出身校は、私立の女子校(当時)の共栄学園高校です。

 

この高校は1939年開校の私立高校で、女子バレーボール部が強豪として知られています。

 

なお同校は2003年に男女共学化されています。

 

また現在は特進コース(偏差値58)も設置されていますが、益子さんが在籍した当時は普通科のみの設置です。

 

後述するように益子さんは中学時代からバレーボールで注目されており、高校時代もバレーボール部に在籍しています。

 

ちなみに高校に進学する際には関東の数々のバレーボールの強豪校からスカウトされていますが、地元の東京都葛飾区を離れたくなかったことから同じくにあるこの高校に進学したことをインタビューで述べています。

 

 

当時のバレーボール部はかなりのスパルタで、体罰や暴言などは当たり前で益子さんもしょっちゅう監督に殴られていました。

 

そのため学生時代は「バレーボールが大嫌いだった」とも述べています。

 

そんな厳しい練習に耐えたこともあり高校3年生の時の春高バレーには同校のエースとして出場して、バックアタックやジャンピング・ドライブサーブを武器に際立った活躍をしています。

 

この大会では大林素子さんを擁し高校バレーボール界では無敵だった八王子実践高校の連勝を106でストップさせています。

 

決勝では惜しくも四天王寺高校に敗れましたが、春高バレーで同校史上初の準優勝に導いています。

 

 

この活躍で益子さんは高校3年生の時に、早くも全日本代表に選出されています。

 

【主な卒業生】

間下このみ(女優)

 

そして益子直美さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、実業団のイトーヨーカドーに入社しています。

 

1年目の1985年から主力選手として活躍し、1990年には日本リーグで念願の初優勝を遂げています。

 

 

また当時は5歳年下のチームメイトの斎藤真由美さんとともに、美人バレーボール選手としても人気を博しています。

 

(左は斎藤真由美)

 

しかしバルセロナオリンピックの予選で敗退した1992年に、26歳の若さで現役を引退しています。

 

以降はタレントやスポーツキャスターとして活動しており、数々のテレビ番組に出演しています。

 

若い頃は写真集やDVDも発売されたほどでした。

 

 

また2006年には12歳年下のロードレーサーの山本雅道さんと結婚して話題になっています。

 

スポンサードリンク

 

益子直美の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 葛飾区金町中学校 偏差値なし

 

 

益子直美さんの出身中学校は、地元葛飾区内の金町中学校です。

 

この中学校のバレーボール部は現在でも中学バレーボール界の名門で強豪校としても知られています。

 

益子さんはこの中学に入学した際にバレーボール部に入部して、バレーボールをはじめています。

 

 

当時のこの中学校のバレーボール部もかなりのスパルタで、年間で休みはわずかに3日のみでした。

 

また練習中に水を飲むことは禁止されていたことから、こっそり掃除用のバケツの水を飲んだこともありました。

 

とは言え益子さんは自分で決めたことだから弱音を吐けないと言っており、当時は風邪をひいても熱を出しても部活の練習だけは熱心に通ったとインタビューで話しています。

 

ただし益子さんの代はそれほど強いチームではなく、最高成績は東京都大会のベスト4で全国大会には出場できませんでした。

 

しかし益子さんだけは中学3年生の時に東京都選抜と関東選抜のメンバーに選ばれた後に、中学日本代表の合宿へも招集されています。

 

意外にも合宿ではあまりに周りの選手が凄かったことから、益子さんはひるんでしまい遠征を断って、バレーボールも中学校限りでやめるつもりでした。

 

しかし高校受験を控えていた時期に友人に誘われてワールドカップを観戦し、大ファンだった中国人選手に握手してもらったことに感動して、再びバレーボールへの情熱を取り戻しています。

 

ちなみにワールドカップを観戦した際には当初は一番上の観客席でしたが、バレーボール協会の関係者の計らいによって高価なコートサイドの席に移してもらったことで益子さんは憧れの選手と握手できました。

 

ところがこれは当時のバレーボール部の監督やコーチ、バレーボール協会の関係者が益子さんに再びバレーボールをさせるために仕組んだことで、ワールドカップの観戦に誘った友人も「グル」であったことを現役引退後に知っています。

 

【主な卒業生】

平野ノラ(お笑い芸人)

 

スポンサードリンク



 

益子直美の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 葛飾区立東金町小学校

 

 

益子直美さんの出身小学校は、地元葛飾区内の公立校の東金町小学校です。

 

家族構成は両親と2歳年上の姉の4人家族です。

 

意外にも益子さんは子供の頃は内気で人見知りの少女で、幼稚園時代にいじめられて登園拒否をしたことがありました。

 

小学校時代からピンクレディが大好きでした。

 

当時から背が高かったことから益子さんのあだ名は「巨人」や「ガリバー」で、身長が高いことがコンプレックスになっていたそうです。

 

以上が益子直美さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現役時代はその実力はもちろんのこと、その美貌でも多くのファンを魅了しました。

 

タレントに転向後も数々のテレビ番組に出演しており、成功した元スポーツ選手のひとりです。

 

 

現在も根強い人気の人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク





 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ