須藤凜々花の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

須藤凜々花(すとう りりか)

 

01

 

19961123日生

身長158.4

血液型はA型

 

東京都出身の歌手、タレント

NMB48の元メンバー

本名同じ

 

以下では須藤凜々花さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で弟がいる。

 

2013年のAKB48グループドラフト会議でNMB48に指名され、翌年に正式にメンバーとして加入。

 

02

 

20153月のNMB4811THシングル「dont look back」で初の選抜メンバー入り。

 

同年に初の冠番組「NMB須藤凛々花の麻雀ガチバトル」が放送開始。

 

 

20163月に著書「人生を危険にさらせ!」を発売。

 

 

6月にAKB4844THシングル「翼はいらない」の選抜メンバーに抜擢された。

 

 

同年のドラマ「キャバすか学園」で女優デビュー。

 

 

20176月のAKB48総選挙で結婚を発表した。

 

 

同年8月にグループを卒業し、タレントに転身。

 

 

2018年4月に結婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 町田高校(中退) 偏差値62(やや難関)

 

 

須藤凜々花さんの出身校は、都立の共学校の町田高校です。

 

同校は古くからの都立の進学校で、在籍時には校内でも学年1位になるなどトップクラスの成績を修めていたということですから、かなりの成績優秀でした。

 

またアイドルとしては異例の著書を執筆したり、将来の夢は哲学者と語るなど、やはり頭脳明晰のようです。

 

出身中学校は世田谷区立桜木中学校が有力なようです。

 

須藤さんの父親は会社社長だったことから、裕福な家庭に生まれています。

 

しかし小学校低学年の時に両親が離婚して以降は、弟とともに母親に引き取られ母子家庭に育っています。

 

そのため小学生の頃は経済的に苦しく、4畳半のアパートで3人で暮らしたことをインタビューで明らかにしています。

 

中学校の成績も優秀で中学時代にはバトミントン部に在籍しています。

 

また中学時代には「ガングロ」を目指していたことをツイッターで明らかにしています。

 

 

なお高校1年生の時にNMB48のメンバーとなって、芸能界入りを果たしています。

 

 

以降も徐々に人気を獲得して、NMB48の主力メンバーとなるとともに、AKB48の選抜メンバーとして起用されるほど将来も嘱望されました。

 

NMB48では山本彩さん以来の冠番組を持ったり、著書を発売したりと何かと注目される存在にもなりました。

 

そのため高校は中退していますが、後に高卒認定試験を受験して合格し、高卒の資格は取得しています。

 

また「偏差値65程度の哲学科のある大学」を第一志望にしていましたが、2018年の受験には失敗して浪人生活を送ることを表明しました。

 

学歴~受験した大学の詳細

 



 

須藤凜々花さんは前記の通り、哲学者になるために偏差値65程度の哲学科のある大学を受験しています。

 

偏差値は算出方法で数値が大きく異なりますが、一般的に偏差値65の大学は難関大学が予想されます。

 

また志望しているのは私立大学の文学部の哲学科と思われますが、哲学科で難関レベルの学部は数えるほどしかありません。

 

早稲田大学文学部哲学科 偏差値65

慶応義塾大学文学部哲学専攻 偏差値65

上智大学文学部哲学科 偏差値63

 

またライブドアニュースでも予備校講師の談話として「早慶上智レベルの大学」としているので、上記の大学が有力のようです。

 

さらに芸能活動をしながらも、将来的にはドイツに留学したいとも語っており、向学心はかなり旺盛なようです。

 

2017年の総選挙での結婚宣言は世間を驚かせましたが、今後も何かと話題になりそうな人物です。

 

現在も情報番組やバラエティー番組に出演しており、今後の動向などにも注目が集まります。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ