よしあきの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|不登校だった

 

人気ファッションモデルでタレントのよしあきさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はよしあきさんは小学校から中学校までは不登校でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

よしあき

 

 

2000年8月27日生

身長177㎝、体重61㎏

血液型はA型

 

台湾・台北市出身のタレント、ファッションモデル

本名は清水善朗(しみず よしあき)

姉はファッションモデルのミチ

 

以下ではよしあきさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします。




 

よしあきの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:目黒日本大学高校 芸能コース 偏差値43(容易)

※入学は都立六本木高校(偏差値38)

 

 

よしあきさんの出身高校は、多くの芸能人の母校として知られる目黒日本大学高校(旧日出高校)です。

 

2020年3月にツイッターで高校卒業を報告していますが、その際の卒業証書の画像などからこの高校の出身者であることが判明しています。

 

 

ただし入学したのは定時制のみを設置している六本木高校(偏差値38)です。

 

 

この高校は中学校で不登校になったり高校を中退した生徒を積極的に受け入れており「チャレンジスクール」のキャッチフレーズで呼ばれていますが、よしあきさんも当初はチャレンジスクールに入学したとインタビューで話しています。

 

「僕が入学したのはチャレンジスクールっていう高校だったんですけど、選択授業があったんです。韓国語や中国語が学べたり、あと自分の水槽を1年かけてつくる授業もありました。他にもボランティアとか、陶芸とか、とにかく種類がいっぱいあったんです。あ、そうだ、僕の学校だとメイクもありました。いろんな授業があるんで、チャレンジスクール、おすすめです。」

 

(六本木高校時代)

 

またよしあきさんは高校時代に1度留年しているので、19歳での高校卒業となりました。

 

どうやら芸能活動が忙しくなって留年したようですが、最終的には芸能活動を優先できる目黒日本大学高校に転校して卒業したようですね。

 

後述するようによしあきさんは中学時代に不登校になって、卒業式にも出席していませんでした。

 

しかし友達がほしいという気持ちから、高校に進学したことをインタビューで話しています。

 

また高校では友達ができましたが、最初は怖かったとも述べています。

 

「高校に入学したら、自然と友だちができました。それでも最初は本当に怖くて、自分を強く見せようとしちゃってましたし、僕が「幸せ」と感じるところに、はまるのには結構時間がかかりました」

 

仕事面では高校1年生の時からファッションモデルとしての活動を開始して、「Popteen」などのファッション誌に掲載されています。

 

また高校2年生だった2017年には高級ブランドの「ドルチェ&ガッバーナ」のファッションショーに起用され、大きな注目を集めています。

 

 

2019年には「Dior」の「パリコレクション」のゲストモデルにも抜擢されています。

 

(左からミチ、岡田健史、よしあき、けみお)

 

その後も「東京ガールズコレクション」や「関西コレクション」などのランウェイにも出演して、人気モデルの地位を揺るぎないものにしています。

 

またタレントとしても姉のミチさんとともに「水曜日のダウンタウン」や「NEWSな二人」などのバラエティ番組に出演しています。

 

そしてよしあきさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業したことで活動の幅がさらに広がりそうなので、楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

よしあきの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 杉並区立東原中学校(有力) 偏差値なし

 

 

よしあきさんの出身中学校は、杉並区内の公立校の東原中学校が有力です。

 

よしあきさんは中学校時代は3年間にわたって不登校になっており、ほとんど学校に通学していません。

 

不登校になったのは小学校4年生からで、小学校・中学校ともに卒業式にも出席していません。

 

ただし友達は心の底から欲しかったとインタビューで話しています。

 

中学2年生だった2016年に姉のミチさんとバラエティ番組「マツコ会議」に出演して「友達が1人もいない」と言い切ったことで、マツコさんから「番組始まって以来の最大の逸材」と呼ばれて注目を集めています。

 

 

ちなみにマツコさんも不登校を経験しています。

 

マツコデラックスの学歴|高校中学校や大学の偏差値とキムタクと同級生だった

 

以降も「マツコ会議」に起用されたことで、芸能事務所にスカウトされて芸能活動を開始しています。

 

またよしあきさんは番組出演が自信になったのか、中学時代の後半は活発になったとも述べています。

 

「高校に入る直前には活発になっていました。お姉ちゃんと2人で原宿行ったり、髪の毛も派手にしたり。そうやって家族が家から連れ出してくれたことが大きかったですね。僕いつも言うんですけど、嫌なこととかだるいこととかあったら、「何事も絶対終わる」って思っていて。」

 

【主な卒業生】

吉沢悠(俳優)

 

よしあきの学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 杉並区立天沼小学校(有力)

 

 

よしあきさんの出身小学校は、杉並区内の公立校の天沼小学校が有力です。

 

家族構成は両親と3歳上の姉の4人家族です。

 

姉のミチさんもファッションモデルやタレントとして活動しています。

 

 

父親が台湾人、母親が日本人のハーフで、台湾の台北市で生まれています。

 

そのため中国語(広東語)が話すことができます。

 

前記のように小学校4年生の頃から不登校になっていますが、きっかけは通学していた小学校が統合されて、統合されたもうひとつの小学校の生徒となじめなかったことです。

 

実際に天沼小学校は2008年に杉並第五小学校と若杉小学校が統合されて誕生した小学校です。

 

よしあきさんは不登校になった当時を、「独房よりきつい」とインタビューで振り返っています。

 

「不登校になった最初の頃は本当に毎日泣いてて、「独房よりもきつい」って思っていました。入ったことないんですけど。でも、言葉では表現できないくらいの孤独を感じていました。学校って「行かなきゃいけない」っていう固定観念があるんで、「行かなきゃもう将来やばい」みたいに考えてたんです。でも、行きたくないし、「今行ったら目立っちゃう」とか思うと更に行けない」

 

ただし母親が「つらかったら休みなさい」と言ってくれたことに救われています。

 

また不登校になった後は母親が探してくれたフリースクールに通学しており、中学時代までは勉強はそちらでおこなっていました。

 

そのためよしあきさんも「フリースクールがリハビリになった」と話しています。

 

以上がよしあきさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

中学時代に注目されて、高校時代には人気ファッションモデルに上り詰めています。

 

 

つらい学生時代を過ごした苦労人だけに、大きく羽ばたいてほしいところです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ