宮川愛李の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|同級生が1人しかいなかった

 

歌手の宮川愛李さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は宮川さんは離島の式根島出身で、小学校・中学校時代は同級生が1人しかいませんでした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

宮川愛李(みやかわ あいり)

 

 

2000年12月28日生

身長非公表

血液型非公表

 

東京都式根島出身のミュージシャン

本名同じ、別名義は妹子

 

以下では宮川愛李さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

宮川愛李の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:進学していない可能性が高い

 

宮川愛李さんは高校卒業後は、大学などに進学していない可能性が高そうです。

 

順調ならば2019年3月に高校を卒業して大学などに進学しているのですが、インタビューなどで大学生活について語ることはありません。

 

ツイッターなどのSNSもしかりです。

 

 

また高校時代にプロのミュージシャンになることを決意したことをインタビューで述べていますが、次のような内容です。

 

「同じことが自分にできるのか?いややっぱり自分は大学に行って普通に就職する道に進んだ方がいいんじゃないか」、そんなモヤモヤした気持ちを抱えていた時にスタッフさんから声をかけていただいたことによって強く背中を押され、覚悟を持つことができましたね。」

 

「覚悟を持つ」との表現をしているので、退路を断って音楽活動に専念したようにも思えます。

 

このあたりは何か判明しましたら追記しておきます。

 

とは言え2019年6月にミニアルバム「スマホ映えの向こうの世界」でメジャーデビューを飾っています。

 

またこの年の11月にはテレビアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマに起用されていた「Sissy SKY」がファーストシングルとしてリリースして注目を集めています。

 

 

2021年1月には3枚目の配信シングル「Reboot」も再び「名探偵コナン」のエンディングに起用されています。

 

 

どんなジャンルでも歌いこなす歌唱力が話題になっており、このところは「開運音楽堂」や「Love music」などの音楽番組に出演しています。

 

 

今後はメディア出演も増えていきそうですから楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

宮川愛李の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 葛飾総合高校(有力) 偏差値47(やや容易)

 

 

 

宮川愛李さんの出身高校は、都立の共学校の葛飾総合高校が有力です。

 

この高校は2007年開校の都立高校で、普通科はなく英語やスポーツ、アートなどを専門的に学ぶ総合学科のみを設置しています。

 

宮川さんは式根島出身ですが、高校は都内の高校に通学していたことをインタビューで明らかにしています。

 

またインターネット上にはこの高校への在籍情報がちらほら見られます。

 

お兄さんのみやかわくん(宮川大聖)さんもこの高校の出身者との情報もありました。

 

ちなみに宮川さんの出身地の式根島には高校がなく、隣の新島にある高校に進学するか都心に移住して高校に通うのが一般的な選択とのこと。

 

宮川さんは中学時代は部活動をおこなっていましたが、高校では帰宅部だったようです。

 

当初はミュージシャンではなく、国語の教師になることが夢でした。

 

ただし高校時代のツイッターには国語の先生にいじめられたと冗談交じりに投稿しています。

 

 

高校2年生だった2017年にみやかわくんのライブにゲスト出演したことがきっかけで、歌手としての活動に興味を持ちはじめています。

 

(みやかわくんと)

 

また2018年に再度みやかわくんのライブに出演した際に、スカウトされています。

 

 

その際には即決したそうです。

 

「そして2018年の兄のバースデーライブに再度ゲストとして出演させていただいた際に、兄がお世話になっているスタッフさんから「愛李も本気で歌やってみれば?」とお話をいただいて、「やります!」と即決で返答させていただきました」

 

当初は宮川愛李ではなく、「妹子」名義で活動をおこなっていました。

 

そしてスカウトから9か月後には早くも「BLITZ赤坂」でワンマンライブをおこなっています。

 

 

ただしその際には緊張しすぎて記憶が定かではないとインタビューで話しています。

 

「1stライブのお話を初めて聞いた時はとても不安になりましたが、スタッフさんやダンサーの方が熱心に指導してくださり、バンドの皆さんにも支えられながら自分なりに全力を出せたと思っています。でも正直、緊張し過ぎてステージに出た瞬間からの記憶が定かではないなんですよ(笑)」

 

なお高校3年生だった2019年1月にアーティスト名を本名の宮川愛李に改めています。

 

スポンサードリンク

 

宮川愛李の学歴~出身中学校の詳細・同級生が1人だった

 

出身中学校:東京都 新島村立式根島中学校 偏差値なし

 

 

 

宮川愛李さんの出身中学校は、地元式根島内の公立校の式根島中学校です。

 

宮川さんは中学時代まで式根島に在住し、式根島にはこの中学校しかありません。

 

また人口約550人の小さな島なので、小学校・中学校時代は同級生が1人しかいませんでした。

 

中学時代は硬式テニス部に在籍して、キャプテンを務めたことをインタビューで明らかにしています。

 

「中学の時に硬式テニスをやっていました。小さい島だったので学校も小さくて、部活がテニスしかなかったんですよ。体を動かすことが好きだったので全力でやっていましたね。小さい部の中でもキャプテンを務めさせてもらって、真っ黒になって砂浜を走ったり、野性的に練習しながら楽しんでました!」

 

また中学時代まではピアノも習っていました。

 

ただし地元のイベントで和太鼓を叩くこともあったそうで、ピアノよりも和太鼓に夢中になったとのこと。

 

加えて宮川さんは中学時代まで日記をつけており、その経験が作詞に活かされているそうです。

 

ちなみに当時は木村カエラさんの楽曲をよく聴いていたそうです。

 

宮川愛李の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 新島村立式根島小学校

 

 

 

宮川愛李さんの出身小学校は、地元式根島内の公立校の式根島小学校です。

 

家族構成は両親と2人の兄の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

次兄はシンガーソングライターのみやかわくんです。

 

 

実家は式根島でビアガーデンや飲食店を経営しています。

 

 

そのため宮川さんも幼少期からBGMで流れていたサザンオールスターズやアース・ウィンド&ファイヤーなどの楽曲に親しんでいました。

 

またインターネットを通じて子供の頃から音楽を聴き続けたとのこと。

 

宮川さんはインタビューでは子供の頃から目立ちたがり屋の性格だったと述べています。

 

小学校の学芸会では主役に立候補したり、積極的に人前で歌うことも好きだったそうです。

 

当時から歌手に漠然とした憧れがありましたが、プロを目指すための行動はとらなかったとのこと。

 

なお式根島に在住していた頃は島の人たちが温かく家族のように接してくれたので、それがポジティブさにつながっているとコメントしています。

 

以上が宮川愛李さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校卒業直後にメジャーデビューを飾っていますが、その歌唱力で注目されて「式根島の歌姫」とも呼ばれています。

 

 

また立て続けに楽曲がアニメのエンディングテーマに起用されています。

 

今後は大ブレイクの可能性も秘めており楽しみですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ