もえのあずきの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

現役アイドルでありながら大食いタレントとしても知られるもえのあずきさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。もえのさんは実はお金持ちのお嬢様で株式投資などにも長けていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

もえのあずき

 

 

1988年2月1日生

身長156㎝

血液型はA型

 

大阪府出身(京都府育ち)のタレント

アイドルグループ「エラバラシ」のメンバー

本名は榊原梓(さかきばら あずさ)、愛称は「もえあず」

 

以下ではもえのあずきさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

もえのあずきの学歴~出身大学(同志社大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:同志社大学 経済学部 偏差値63(やや難関)

 

 

 

もえのあずきさんは高校卒業後は、関西の名門私大の同志社大学に進学しています。

 

もともと経済に興味があったことから、大学では経済学部に進学しています。

 

また大学時代はサークルにも在籍しています。

 

もえのさんは大学時代は非常に充実していたことを明らかにしています。

 

「大学時代はいい思い出がいっぱい。毎日が楽しくて、経済学以外に心理学、メディア関連など色々なことを学び、サークル活動にも参加し、友達もたくさんできました。京都経済のゼミで舞妓さんの髪結師に密着取材し、その成果をゼミメンバーと団結して発表したり、1年間カナダにも留学したりと、充実していましたね」

 

ちなみにもえのさんは大学時代から学食や大学近くの食堂で友達とたくさん注文しており、このことが大食いタレントの仕事につながったかもしれないとしています。

 

大学では経済学部に在籍して学業にもしっかりと取り組んでおり、投資家としても活動もしています。

 

大学1年生の時に初めて株を買ったことをインタビューで述べています。

 

「大学に入った時に、初めて株を買ってみたんですよね。スターバックスさんでした。そしたら、株価も結構上がったし、毎年2枚のドリンク券がもらえて…。それがあると一番大きいサイズのドリンクに全トッピングができるんです♪ 嬉しくないですか?」

 

またもえのさんは大学時代に1年間カナダのトロントに留学経験もあります。

 

なおカナダに留学した際には意外にもメイプルシロップたっぷりのパンケーキやロブスターなどの現地の食材が口に合わずに、まったく食べられない日が続いたそうです。

 

そのため帰国する頃には体重が30㎏台まで落ち込んでしまったとのこと。

 

その一方でもえのさんは大学時代には甲子園球場でビール売りのアルバイトもしています。

 

 

大食い番組でおなじみのもえのさんですが、このアルバイトでたくさん食べる癖がついたようです。

 

「大学生の時に甲子園でビールの売り子のバイトをしていたんです。あれはめっちゃ肉体労働で、何をどれだけ食べても体力使い果たしちゃうくらいしんどいんですよ。それでいっぺんにたくさん食べる癖がついたのかも」

 

もえのさんは大学時代は自身が大食いであることの自覚はありませんでしたが、普通にカツ丼の大盛りを食べるなど、当時から大食いだったようです。

 

ちなみに大学時代は芸能活動をおこなっていませんでした。

 

また大学時代もアイドル志望でしたが、周りに言うのがちょっと恥ずかしくなったそうです。

 

加えて勉強も頑張ったことから、大学はキッチリと卒業しています。

 

もえのさんは当時から「モーニング娘。」の大ファンで憧れていたことから、大学卒業後の2011年につんくさんが企画した「AKIHABARAバックステージPASS」のキャスト募集に応募しています。

 

「たまたまネットで「つんく♂さんがプロデュースするアイドルカフェで働きませんか」というニュースを見つけたので応募したら、運よく合格したので上京したんです」

 

すると24歳だった2012年3月に、「バクステ外神田一丁目」のメンバーとしてデビューしています。

 

もえのさんは2013年11月にリリースされた3枚目シングル「Oh my destiny」で、はじめて選抜メンバーに起用されています。

 

 

 

加えて当時のもえのさんはキャバクラでアルバイトをしていたという報道がされたことがありました。

 

 

ちなみにもえのさんが勤務していたのは六本木の老舗クラブで、座るだけで5万円は下らない店だったとのこと。

 

また2012年2月から9月までの7か月間だったとのこと。

 

アイドルとしては下積み生活が続きますが、2012年にバラエティ番組「つんつべ」内の企画「大食いアイドル選手権」で優勝して注目を集めています。

 

 

以降はアイドル活動の傍ら大食いタレントとしても活動して、ギャル曽根さんに並ぶほどの人気を誇っています。

 

 

 

その他のもグラビアアイドルや女優としても活動しています。

 

さらに2019年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

こちらも大食い動画が中心ですが、好評を博しています。

 

 

既に年齢は30代に突入していますが、「永遠の16歳」をスローガンにマルチに活躍しています。

 

スポンサードリンク

 

もえのあずきの学歴~出身高校(同志社高校)の詳細

 

出身高校:京都府 同志社高校 偏差値71(超難関)

 

 

 

もえのあずきさんの出身高校は、私立の共学校の同志社高校です。

 

この高校は1896年開校のミッション系の伝統校ですが、卒業生は基本的に同志社大学に進学できるので現在は難関となっています。

 

もえのさんも大学へは一般受験ではなく、内部進学で進んでいます。

 

なおもえのさんは出身高校の名前などは明らかにしていませんが、高校が修学旅行がない高校であることや系列の同志社大学に進学していることなどからこの高校が特定されています(現在ではWIKIPEDIAにも記載があります)。

 

もえのさんは中学・高校時代はなんとランドセルで登校していたことを明らかにしています。

 

「小学生の時、みんなと一緒にランドセルを背負うのが嫌で他のバッグで通っていたんですが、あとでランドセルを「かわいい」と思い始めて、中学・高校はランドセルを背負って通っていました」

 

高校時代の画像はありませんでしたが、現在でもランドセルは気に入っているようでたびたび画像も公開しています。

 

 

そんなもえのさんでしたが、高校時代は「普通に高校生活を送った」とインタビューで話しています。

 

なお高校時代は部活動などはおこなっておらず、帰宅部だったようです。

 

加えて高校時代は「隠れ大食い」で、職員室に忍び込んで先生の食べ物を勝手に食べていたことをインタビューで明らかにしています。

 

「昔は「隠れ大食い」でした(笑)。中高時代はお母さんの作ってくれるお弁当、見栄を張ってすごく小さいサイズでお願いしていたので、もう全然足りなくて‥‥。時効だから言いますけれど、よく教員室に入って、冷蔵庫の先生の食べ物を勝手に食べていました(笑)」

 

ちなみにその際にはバレないように少しずつ食べたそうです。

 

「仲のいい先生がいて、よく教員室に遊びに行っていたんですが、そこにある冷蔵庫に芋ようかんが入っているのを知っていたんです。でも、いきなり全部なくなったらバレるから、少しずつ食べて」

 

また当時は男子生徒と遊びに行く際にはお腹が鳴らないように、必ず何か食べてから遊びに行ったそうです。

 

「例えば男の子と遊びに行く時は、おなかがすかないように家で何か食べてから遊びに行ったりしていました。もちろんガマンすることもできるんですけれど、おなかが鳴ったら恥ずかしいですから」

 

【主な卒業生】

津川雅彦(俳優)

 

スポンサードリンク

 

もえのあずきの学歴~出身中学校(同志社中学校)の詳細

 

出身中学校:京都府 同志社中学校 偏差値64(やや難関)

 

 

 

もえのあずきさんの出身中学校は、私立の共学校の同志社中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校で、高校へは内部進学で進んでいます。

 

もえのさんは中学時代に「モーニング娘。」のファンになったことで、アイドルに憧れています。

 

当時のお気に入りメンバーは後藤真希さんでした。

 

そのため当時からアイドルを目指そうとしていますが、アイドルになりたいという思いがいつの間にか薄れていてしまったそうです。

 

そのため中学・高校時代は特にアイドルになるためにアクションは起こしていません。

 

もえのあずきの学歴~出身小学校(同志社小学校)の詳細

 

 

出身小学校:京都府 同志社小学校

 

 

 

もえのあずきさんの出身小学校は、私立の共学校の同志社小学校です。

 

ここまででわかるとおり、もえのさんは「お受験」をしてこの小学校に入学していますが、以降はエスカレーター式で大学まで進学しています。

 

 

実家はお金持ちとされており、インターネット上には父親は関西の中堅企業の社長という情報もあります。

 

またもえのさんは公式ブログで自宅は8億2000万円の豪邸としており、かなりの資産家のようです。

 

他にも実家に住んでいた時には家族で毎年数回海外旅行に行き、年末年始は海外で過ごすのが定番だったとインタビューで述べています。

 

また両親ともに投資家で、その影響でもえのさんも株式投資をしています。

 

ちなみに家族全員がよく食べることから、特に大食いだという自覚はなかったと話しています。

 

もえのさんは子供のころから目立ちたがり屋で、小学校時代の学芸会でも主役を演じるほどだったそうです。

 

また小学校時代から食欲が旺盛で、早弁をして昼ご飯は食堂で食べていたそうです。

 

以上がもえのあずきさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大食いタレントとしてデビュー後は餃子200個やステーキ4㎏、回転すし70皿やわんこそば900杯など、信じられないほどの爆食ぶりを披露しています。

 

 

またこのところは大食い以外でもバラエティ番組に出演するなど、活動の幅も広がっています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ