那須川天心の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

那須川天心(なすかわ てんしん)

 

 

1998818日生

身長165㎝、体重55

 

千葉県松戸市出身のキックボクサー、総合格闘家

本名同じ

 

以下では那須川天心さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの長男で、妹2人と弟がいる。

 

 

15歳だった20147月に立ち技打撃格闘技のRISEでデビュー。

 

20155月にわずか6戦目でRISEのバンタム級の王者となる。

 

 

同年8月に打撃系格闘技「BLADE.2」の各団体のシュートボクシングの王者によるトーナメント戦で、全試合KO勝ちの圧勝で優勝。

 

 

20163月に国際的なキックボクシングの団体ISKAの世界バンタム級王座を奪取。

 

 

同年12月にムエタイの現役王者に挑戦して、KO勝ちを収める。

 

 

同月に総合格闘技のRIZINに出場して、総合格闘家としてデビューした。

 

201812月に史上初めて無敗で5階級制覇を成し遂げたプロボクシングのフロイド・メイウェザー・ジュニアとエキシビションで対戦する。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 松戸南高校 定時制 偏差値32(かなり容易)

 

 

那須川天心さんの出身校は、県立の共学校の松戸南高校定時制です。

 

この高校は1976年に全日制高校として開校しましたが、2006年から午前部・午後部・夜間部の3コースの定時制・単位制コースを併設。

 

20143月をもって全日制は終了となり、現在では定時制のみを設置しています。

 

なお同校も他の定時制高校と同じように4年制です。

 

那須川さんの出身中学校は、松戸市立常盤平中学校です。

 

出身小学校は不明ですが中学校の校区からすれば、松戸市立常盤平第一小学校松戸市立常盤平第二小学校松戸市立常盤平第三小学校のいずれかが有力です。

 

父親が極真空手をやっていた影響で、5歳の頃から空手をはじめています。

 

小学校4年生の時に全国大会で優勝して、早くも才能の片りんを見せています。

 

また小学校5年生の時には極真空手のジュニア世界大会でも優勝しています。

 

小学校6年生の時にテレビでK-1を見て魔裟斗さんに憧れたことから、キックボクシングに転向しています。

 

中学2年生でキックボクシングの全国大会である藤原敏男杯で優勝。

 

格闘技の練習に専念できるように、定時制の同校に進学して、午前部に在籍しています。

 

那須川さんは高校1年生でプロのキックボクサーとしてデビューを飾ると、破竹の6連勝で高校2年生の5月にRISEの史上最年少の王座に輝いています。

 

また高校3年生の3月には世界タイトルを獲得するなど、高校時代にキックボクサーとして目覚ましい成長を遂げています。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

那須川天心さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、競技活動に専念しています。

 

その後はムエタイの王者に圧勝したり、総合格闘技でも活躍するなど、キックボクシングの枠を超えた活躍を見せています。

 

「神童」や「キックボクシング史上最高の天才」などのニックネームが示す通り、天才的なテクニックとセンスによって、規格外の成績を上げています。

 

年齢的にもこれからなので、どこまで成長するか楽しみな選手です。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ