呉城久美の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

呉城久美(くれしろ くみ)

 

 

1986930日生

身長165

 

大阪府東大阪市出身の女優

本名同じ

 

以下では呉城久美さんの学歴や経歴、出身中学校・高校・大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2011年に劇団「悪い芝居」に入団し、京都を拠点として数々の舞台に出演。

 

 

 

2013年に関西で上演された舞台や舞台役者を対象とする「関西Best Act」の役者部門で1位となる。

 

2015年のBSドラマ「インテリワールドBAR」でテレビドラマ初出演。

 

同年の「たびのやまびこ」で映画初出演。

 

201611月に「悪い芝居」を退団して、拠点を東京に移す。

 

2017年のNHKの朝ドラ「べっぴんさん」に出演。

 

 

以降も「女囚セブン」や「ごめん、愛してる」、「ひよっこ」、「ホリデイラブ」などのテレビドラマに出演。

 

 

2018年のNHKの朝ドラ「まんぷく」でヒロインの親友役に抜擢された。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 清風南海高校 偏差値74(超難関)

 

 

呉城久美さんの出身校は、私立の共学校の清風南海高校です。

 

同校は国立や公立が強い大阪府にありながら、大阪星光学院高校などと並んでトップクラスに位置する私立高校です。

 

呉城さんは系列の清風南海中学校(偏差値73)からの内部進学で同校に進んでいます。

 

出身小学校は地元の東大阪市の公立校のようですが、校名などは不明です。

 

中学校・高校時代はともに気象予報士の福岡良子さんと同級生でした。

 

(福岡良子)

 

また呉城さんが入学した年に清風南海中学校は共学化されたため、女子が少なくほとんど「男子校状態」でした(清風南海高校でも共学化1年目)。

 

特技をバレーボールとしており、キャリア3年ともしているので、中学時代か高校時代のいずれかでバレーボール部に在籍していたようです。

 

また同校には演劇部もありますが、高校時代は女優になろうとは思っていなかったので入部などはしていなかったようです。

 

ただし高校時代を含めて呉城さんの学生時代の情報はほとんどなく、高校生活の詳細なども不明です。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:京都大学 法学部 偏差値71(超難関)

 

 

呉城久美さんは、高校卒業後は京都大学に進学しています。

 

法学部に在籍しましたが、同大の法学部は東京大学の法学部と並んで、日本の法科系の学部の最高峰に位置する難関学部です。

 

当時の京大はAO入試などをおこなっておらず、一般入試のみしかなかったので、呉城さんは相当高い学力を有していたことが窺えます。

 

呉城さんは大学在学中にたまたま見たチラシがきっかけで、劇研アクターズラボの公演クラスに入って演技を学んでいます。

 

そしてアクターズラボの舞台に立ったことで演技に魅了されて、本格的に女優を目指しています。

 

その後は24歳の時に劇団「悪い芝居」に入団し、主に関西圏の舞台で活躍します。

 

(劇団時代)

 

30歳の時にNHKの朝ドラ「べっぴんさん」に出演したことで注目を集めました。

 

そして31歳の時に所属劇団を退団して、東京に進出しています。

 

以降はテレビドラマにスポット出演するなどしていましたが、2018年のNHKの朝ドラのヒロインの親友役に抜擢されています。

 

この作品の演技次第では、今後は連続ドラマのレギュラーなどに起用される可能性も秘めています。

 

下積みが長く遅咲きの人物だけに、今後の大きな成功にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ