城戸真亜子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 城戸真亜子(きど まあこ)

 

 

1961828日生

身長172

 

愛知県出身のタレント、画家

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

兄がいる。

 

当初はモデルとして活動しており、1981年の「カネボウ化粧品キャンペーンガール」に起用される。

 

同年10月の主演映画「アモーレの鐘」で女優デビューし、「野々村病院物語」でテレビ初出演。

 

 

1984年の「やさしく描いて」で歌手デビュー。

 

 

1988年からワイドショー「3時にあいましょう」の司会を務める。

 

 

以降も「知ってるつもり」や「朝ズバ」などのテレビ番組に出演。

 

2004年から情報番組「ウォッチ」にレギュラー出演。

 

洋画家としても活動しており、銀座や日本橋などで個展を開催している。

 

 

私生活では1990年に所属事務所の社長と結婚した。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 桐朋女子高校 普通科 偏差値60(当時・やや難関)

 

城戸真亜子さんの出身校は、私立の女子校の桐朋女子高校です。

 

同校は普通科のほか音楽科も設置しており、音楽科は名門で小澤征爾さんの出身校としても知られています。

 

また同校の普通科の現在の偏差値は67程度の難関校ですが、城戸さんが在学した時代はそこまでレベルは高くありませんでした。

 

系列の桐朋女子中学校から同校に内部進学しています。

 

城戸さんは子供の頃から絵が得意で、高校時代の将来の夢は画家で美術大学に進学することを決意しています。

 

【主な卒業生】

浅茅陽子(女優)

桐野夏生(小説家)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:武蔵野美術大学 芸術学部油絵学科 偏差値45(難関)

 

城戸真亜子さんは高校卒業後は、武蔵野美術大学に進学しています。

 

同大は学科試験こそさほど難しくないものの、実技試験が難関な名門美術大学として知られています。

 

城戸さんは美大進学にあたっては両親に猛反対されましたが、これを押し切って入学しています。

 

ところが同大に進学したものの、周囲が個性の強い人ばかりで居場所を失って大学1年生の時に休学。

 

休学中に友人の代わりに受けたオーディションに合格して、モデルと芸能界入りするとトントン拍子に女優やタレントとして人気を得ます。

 

それでも大学には復学して、7年かけて同大を卒業しています。

 

以降の活躍は周知の通りで、これまで多くのテレビ番組に出演してきました。

 

根強い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ