北条裕子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

北条裕子(ほうじょう ゆうこ)

 

 

1985104日生

 

山梨県出身の小説家

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

過去にモデルとして活動経験がある。

 

 

2018年にデビュー作の「美しい顔」で群像新人文学賞を受賞。

 

 

同作が第159回芥川賞の候補に選ばれたが、他の作品との類似点が指摘され文芸雑誌「群像」に謝罪文が掲載される。

 

芥川賞選考委員は「盗作にあたらない」との判断を示したが、同賞の受賞には至らなかった。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:山梨学院大学附属高校 偏差値4758(学部不明のため)

※現在は山梨学院高校

 

北条裕子さんの出身校は、私立の共学校の山梨学院大学附属高校です。

 

同校は部活動が盛んで、サッカー部や硬式野球部は県内でも強豪として知られています。

 

また同校には特進P(偏差値56)や特進G(同53)、進学(同47)の3つのコースが設置されていますが、北条さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

系列の山梨学院大学附属中学校(現在は山梨学院中学校/偏差値53)から同校に内部進学しています。

 

なお北条さんの高校時代の情報は皆無で、高校生活の詳細なども不明です。

 

【主な卒業生】

萩原智子(元競泳選手)

金丸義信(プロレスラー)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:青山学院大学 第二経済学部 偏差値48(やや容易)

※現在は募集停止

 

北条裕子さんは高校卒業後は、青山学院大学の第二経済学部(夜間部)に進学しています。

 

同学部は多くの勤労学生を輩出してきましたが、入学者の減少によって2008年をもって募集を停止しています。

 

北条さんも何らかの仕事をしながら大学に通学していたとみられますが、詳細は不明です。

 

モデルとして活動していた時期もあり、美顔器やエステサロンの広告のモデルを務めています。

 

2017年に彗星のように現れた大型新人として、芥川賞の候補にもなった北条さん。

 

デビュー小説の「美しい顔」は他の複数の作品との類似点を指摘されて、大きな騒動にも発展しました。

 

とは言え、作品は多くの批評家から高い評価を受けており、小説家としてもかなり大きな期待を背負っています。

 

今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ