十朱幸代の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値と経歴

 

十朱幸代(とあけ ゆきよ)

 

 

19421123日生

身長163

 

東京都出身の女優

本名は小倉幸代

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は俳優の十朱久雄で、兄と妹がいる。

 

1958年のテレビドラマ「バス通り裏」でデビュー。

 

 

1959年の「惜春鳥」で映画初出演。

 

1961年に「いたずら恋の風」で歌手デビューし、9枚のシングルと4枚のアルバムをリリースしている。

 

1967年のNHKの朝ドラ「旅路」に出演して知名度が上昇。

 

1971年の「ゼロの焦点」でテレビドラマ初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「黄金の日々」や「かりん」、「北条時宗」など。

 

「震える舌」や「花いちもんめ。」、「蛍川」などの映画にも出演している。

 

 

私生活では19741月に歌手の小坂一也と結婚するも、同年中に破局(未入籍の事実婚)

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:専修学校 文化学院高等部 偏差値なし

 

十朱幸代さんの出身校は専修学校の文化学院高等部です。

 

同校は1921年開校の伝統校で、高校程度の学習をしながら演技やダンス、美術などを学ぶことができたので多くの芸能人を輩出してきました(2018年に閉校)。

 

十朱さんは目黒区立原町小学校から目黒区立第九中学校を経て、同校に進学しています。

 

子供の頃から父親の劇団で子役として舞台に出演して、中学校では演劇部に在籍していました。

 

高校1年生の時にデビューが決まっていたので、芸能活動をしやすい同校に進学しています。

 

なお十朱さんの時代は同校では高校卒業の資格を取得することができなかったので、学歴上は「中卒」ということになります。

 

また以降も高校に入学し直したり、大学への進学はしていません。

 

とは言え、その後の活躍は目覚ましく、演技派女優として数多くの映画賞や演技賞を受賞。

 

全盛期の1980年代には数多くの映画やテレビドラマに主演して、絶大な人気を誇りました。

 

既に70歳を過ぎていますが未だに女優として精力的に活動しており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ