草笛光子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

草笛光子(くさぶえ みつこ)

 

 

19331022日生

身長158

 

神奈川県出身の女優

本名は栗田光子

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの長女で妹が2人(1人は夭折)と弟がいる。

 

1950年に松竹歌劇団(SKD)に入団。

 

 

1953年に主演作「純潔革命」で映画初出演し、以降は数多くの松竹映画に出演して人気女優となる。

 

 

1958年からバラエティー番組「光子の窓」の司会を担当。

 

 

1965年の「細雪」でテレビドラマ初出演。

 

日本ミュージカル界のパイオニアとしても知られ、数々の大作に出演。

 

テレビドラマの代表作は「ありがとう」や「必殺シリーズ」、「渡る世間は鬼ばかり」など。

 

 

私生活では1960年に作曲家の芥川也寸志と結婚するも、2年後に離婚した。

 

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 横浜第一高等女学校(中退) 難関

※現在は横浜平沼高校(偏差値65

 

草笛光子さんが入学したのは、横浜第一高等女学校です。

 

同校は5年制の旧制女学校(中学校と高校を兼ねる)で、当時は県下一の才媛学校として知られていました。

 

現在は横浜平沼高校となっており、アナウンサーの羽鳥慎一さんらが卒業生です。

 

草笛さんは横浜市立斎藤分国民学校(旧制小学校)から同校に進学しています。

 

 

高等女学校時代はダンス部に所属する傍ら、陸上や水泳にも取り組んでおり、スポーツは得意だったようです。

 

16歳の頃にSKDに入団したことから同校は中退しており、大学などにも進学していません。

 

とは言え、草笛さんの以降の活躍は目覚ましく、松竹映画ではスター女優のひとりとして活躍しましたし、ミュージカルの大御所としても知られています。

 

また数えきれないほどのテレビドラマにも出演して、幅広い層から支持を得てきました。

 

貴婦人からうらぶれた女性まで様々な役柄を演じ分けることのできる確かな演技力で、長年にわたって第一線で活躍してきました。

 

既に年齢は80歳を超えていますが、未だに精力的に女優として活動しています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ