寺田農の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

寺田農(てらだ みのり)

 

 

1942117日生

身長173

 

東京都出身の俳優、声優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は洋画家の寺田政明で妹がいる。

 

1961年に文学座演劇研究所に第1期生として入所して、同期には橋爪功や北村総一朗、樹木希林らがいる。

 

(若い頃)

 

1965年の「恐山の女」で映画初出演し、「ザ・ガードマン」でテレビドラマ初出演。

 

同年から出演した連続ドラマ「青春とはなんだ」で知名度が上昇。

 

 

1968年の「肉弾」で映画初主演。

 

 

以降は数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「あいつがトラブル」や「琉球の風」、「月下の棋士」など。

 

 

「座頭市と用心棒」や「ラブホテル」、「帝都物語」などの映画にも出演している。

 

私生活では1970年に女優の高橋紀子と結婚するも、2006年に離婚。

 

2011年に35歳年下の一般人女性と再婚した。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 志村高校 偏差値40(閉校時)

※現在は閉校

 

寺田農さんの出身校は、都立の共学校の志村高校です。

 

同校は2007年に同じ都立の北野高校と併合されて、閉校になっています。

 

閉校当時のレベルはかなり低くなっていますが、寺田さんが在籍時はそこまでレベルは低くなく、都立の中堅校でした。

 

出身中学校は、板橋区立上板橋第一中学校か板橋区立上板橋第三中学校が有力です。

 

寺田さんは中学校と高校ではサッカー部に所属しており、スポーツは万能でした。

 

高校時代の情報はほとんどありませんが、文武両道型の学生だったようです。

 

【主な卒業生】

安齋肇(イラストレーター)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部(中退) 偏差値70(現在)

 

寺田農さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

大学でもサッカー部に入部しますが、当時の早大のサッカー部は日本の大学の中でも有数のレベルだったことから、レベルの差を痛感して3日で退部しています。

 

そのため俳優を目指すことにして、大学1年生の時に文学座の研究所に入所しています。

 

以降は舞台などに出演していたことから、大学は最終的には中退してしまっています。

 

とは言え、その後は性格俳優として数え切れないほどのテレビドラマや映画に出演。

 

現在でも名脇役のひとりとして話題の連続ドラマや映画に起用されるほどです。

 

年齢は既に70代ですが未だに精力的に活動していることから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ