小出恵介の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

小出恵介

 

小出

 

1984220日生

身長176

 

東京都出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の長男。

 

父親が商社マンで、小学生の時にはインドに住んでいたこともある

帰国子女。

 

2003年に誌上オーディションに、顔写真が掲載されたことがきっかけで

芸能事務所入り。

 

同年の映画「偶然にも最悪な少年」で俳優デビューし、

舞台「キセカエ人魚」で主演デビュー。

 

2004年のドラマ「めだか」でテレビ初出演。

 

2005年に出演した映画「パッチギ!」の演技で注目される。

 

「のだめカンタービレ」や「牛に願いを」などの人気の連続ドラマを経て、

2008年の「彼女はサイボーグ」で映画初主演。

 

その後も「風が強く吹いている」や「スイッチを押すとき」、

「ボクたちの交換日記」などの映画に主演。

 

2014年の「吉原裏同心」で連続ドラマ初主演。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 慶応義塾高校 偏差値75(超難関)

 

小出恵介さんの出身校は、私立の男子校の慶応義塾高校です。

 

同校は県内でも屈指の進学校として知られており、小出さんは

川崎市立宮前中学校から一般受験で入学しています。

 

そのため高校進学時には相当の学力を有していました。

 

中学生時代はバスケットボール部に所属して活躍し、

部活引退後の2カ月間で猛勉強をして同校に合格しています。

 

高校でもバスケットボール部に所属するなど、まさに文武両道の

高校時代です。

 

やはり当時からモテていたらしく、高校時代には既に意中の彼女と

交際していました。

 

小出 中学

 

【主な卒業生】

石原裕次郎(俳優)

ミッツ・マングローブ(タレント)

櫻井翔(嵐)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:慶応義塾大学 文学部人文社会学科 偏差値65(難関)

 

小出恵介さんは高校卒業後は、系列の慶応大学文学部に内部進学します。

 

大学時代は日本東洋美術史を専攻しましたが、高校が男子校だったことから

女子が多そうな学科を選んだとのこと。

 

そして大学1年生の時にオーディション雑誌に写真が載ったことがきっかけで

スカウトされ、俳優としてデビューします。

 

デビュー後はすぐに人気を博し、多くのドラマや映画に出演しはじめますが、

仕事と学業を両立させて名門大学を卒業したのはさすがですね。

 

大学卒業後も順調にキャリアを重ね、現在でも人気俳優としてドラマや映画、

舞台で活躍しています。

 

もともと演技には定評があり、役者としても円熟期に入ってくることから、

さらなる飛躍も期待です。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ