古手川祐子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

古手川祐子(こてがわ ゆうこ)

 

 

1959716日生

身長158

 

大分県出身の女優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

妹は元女優の古手川伸子。

 

1976年に三浦友和の相手役を選ぶ「ミス・サラダガール・コンテスト」で優勝し、芸能界入り(準優勝は名取裕子)

 

同年に三浦友和の主演映画「星と嵐」で女優デビュー。

 

(デビュー当時)

 

1977年に出演した連続ドラマ「幕末未来人」で注目されて人気女優となる。

 

 

以降も「あゝ野麦峠」や「駅」、「ひめゆりの塔」などの話題作の映画に主要キャストとして出演。

 

1981年に「愛想笑い」で歌手デビューして、シングル3枚とアルバム1枚をリリースしている。

 

 

1985年の主演映画「春の鐘」でヌードを披露してイメージチェンジ。

 

 

1988年から「ミュージックフェア」の司会を務める(199510月まで)

 

 

私生活では1986年に俳優の田中健と結婚するも、1999年に離婚。

 

 

長女は女優の綾那。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大分県 鶴崎工業高校産業デザイン科 偏差値45(容易)

 

古手川祐子さんの出身校は、県立の共学校の鶴崎工業高校です。

 

同校は部活動が盛んで、サッカー部や硬式野球部が県内では強豪として知られています。

 

古手川さんは普通科ではなく産業デザイン科に在籍しており、授業で椅子やタンスを製作しています。

 

当初からアイドルに憧れており、高校時代もスター誕生などのオーディション番組に応募しています。

 

高校2年生の時にオーディションで優勝して芸能界入りし、女優デビューを果たしています。

 

しかし東京の高校に転校などはせずに、同校を卒業しています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

古手川祐子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校時代からアイドル的な人気を博していましたが、高校卒業とともに上京して活動の幅を広げます。

 

以降は女優として数多くの作品に出演したほか、司会者やタレントとしても多くの番組に出演してきました。

 

娘の綾那さんも女優デビューを果たしており、バラエティー番組で共演もしています。

 

現在でも根強い人気を誇っており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ