とよた真帆の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

とよた真帆(とよた まほ)

 

 

196776日生

身長173

 

東京都出身の女優

本名は豊田真穂

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄と姉がいる。

 

1983年からモデルとしての活動を開始。

 

 

1986年にアニエス・ベーの日本人モデルとして、パリコレクションに出演。

 

1989年のテレビドラマ「愛しあってるかい!」で女優デビュー。

 

その後は「トップスチュワーデス物語」や「すてきな片想い」、「結婚したい男たち」などの話題作の連続ドラマに出演して人気女優となる。

 

 

1997年の「恋・高らか太鼓」で舞台初出演。

 

1998年の「極道の妻たち 決着」で映画初出演。

 

1999年から朝の情報番組「エクスプレス」の司会者を務めた(2000年まで)

 

 

2001年の映画「マネーざんす」では、監督を務めた。

 

私生活では2002年に映画監督の青山真治と結婚。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 学習院女子高等科 偏差値68(推定・難関)

※後に文化学院に転校

 

とよた真帆さんが入学したのは、私立の女子校の学習院女子高等科です。

 

同校は1885年設立の伝統ある女子校で、女性皇室の方々やオノ・ヨーコさんらの出身校として知られています。

 

また高校からの募集のない完全中高一貫校なので、偏差値は推定となります。

 

とよたさんは学習院初等科(小学校)から学習院女子中等科(偏差値66)を経て、同校に進学しています。

 

高校時代はロックバンドのボーカルを務めるなど、アクティブに活動していたようです。

 

17歳の頃からスカウトされてモデルとして活動を開始しますが、同校は芸能活動を禁止していることから、高等専修学校の文化学院美術科に転校して卒業しています。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

とよた真帆さんは文化学院を卒業後は大学などには進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

当初はモデルとして活動して、パリコレクションにも出場するほどになります。

 

女優に転向後もトレンディドラマなどの出演で人気女優となって、以降も数多くの作品に出演しています。

 

連続ドラマでは主演作こそないものの、主要キャストとして多くの作品を盛り上げています。

 

またSPドラマなどでは主演することもあり、未だに根強い人気もあります。

 

末永い活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ