矢本悠馬の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

矢本悠馬(やもと ゆうま)

 

 

1990831日生

身長161

 

京都府出身の俳優

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2003年の映画「ぼくんち」で子役としてデビュー。

 

 

同年の「てるてる家族」でテレビドラマ初出演。

 

学業を優先させたことから俳優業は休止するが、2011年に劇団「大人計画」に研究生として参加して俳優業を再開。

 

2012年に大人計画の研究生たちと、劇団「こまつな」を旗揚げする。

 

2014年にNHKの朝ドラ「花子とアン」に出演して注目される。

 

 

以降は「水球ヤンキース」や「ごめんね青春!」などの話題の連続ドラマにレギュラー出演。

 

2015年の「ブスと野獣」でテレビドラマ初主演。

 

 

「君の膵臓をたべたい」や「トリガール!」、「ちはやふる」などの映画にも出演している。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都府 紫野高校 偏差値5464

 

矢本悠馬さんの出身校は、府立の共学校の紫野高校です。

 

矢本さんが在籍時には普通科(偏差値54)のほか、普通科Ⅱ類(同62)やⅢ類(同64)が設置されていましたが、いずれに在籍していたかは不明です。

 

中学1年生の頃に子役として活動を開始してNHKの朝ドラにも起用されましたが、2年生以降は学業を優先して芸能活動を休止しています。

 

中学時代はサッカー部や卓球部に入部して、スポーツにも打ち込んでいました。

 

高校ではテニス部に所属しており、レギュラーとして活躍しており、運動神経はいいようです。

 

なお矢本さんの出身中学は京都市立衣笠中学校との情報がありますが、こちらに関しては真偽は不明です。

 

【主な卒業生】

鈴木史朗(元アナウンサー・タレント)

綿矢りさ(芥川賞作家)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:専門学校 舞台芸術学院 偏差値なし

 

矢本悠馬さんは高校卒業後は、本格的に俳優を目指すために専門学校の舞台芸術学院に進学しています。

 

同校は昭和23年開校の老舗の俳優養成学校で、役所広司さんや市村正親さん、うつみ宮土理さんや平岩紙さんらも卒業生です。

 

同校を卒業後に宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんらの劇団「大人計画」に研究生として入団しましたが、1年後に他の研究生らと劇団を立ち上げたため退団しています。

 

以降は俳優として順調にキャリアを重ねて、NHKの朝ドラに再登板後は、連続ドラマの人気作や映画に主要キャストとして多く起用されています。

 

ほとんどが脇役としての出演ですが、高い演技力で作品を盛り上げています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ