大下容子アナの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

大下容子(おおした ようこ)

 

 

1970516日生

身長161

 

広島県出身のアナウンサー

テレビ朝日所属

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

兄がいる。

 

19934月にテレビ朝日にアナウンサーとして入社し、同期には坪井直樹と角澤照治アナウンサーと政治家に転身した丸川珠代がいる。

 

 

同年の「Jリーグ A GOGO!」でアナウンサーデビュー。

 

199810月から情報番組「ワイドスクランブル」のMCを務め、知名度が上昇。

 

 

20021月から「SmaSTATION!!」のサブ司会を担当。

 

 

同年の「トリック2」でドラマ初出演し、他にも「仮面ライダークウガ」や「ダブルス」、「安らぎの郷」などのドラマに出演。

 

201711月から「ビートたけしのスポーツ大将」の進行を務める。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:広島大学附属高校 偏差値75(超難関)

 

大下容子さんの出身校は、国立の共学校の広島大学附属高校です。

 

同校は広島県内でも屈指の進学校で、古くから政財界や学界に多くの人材を輩出してきました。

 

大下さんは系列の広島大学附属小学校から広島大学附属中学校(偏差値73)を経て、同校に内部進学しています。

 

小学生の頃から成績は非常に優秀でしたが、スポーツも得意でした。

 

小学生の頃は陸上をやっており、中学・高校時代はバレーボール部に所属しています。

 

また高校時代には同級生とガールズバンドを結成するなど、かなりアクティブな学生時代を送っています。

 

父親が医者だったことから当初は医師を志望していましたが、理数系の科目が苦手だったこともあり断念しています。

 

【主な卒業生】

阿川弘之(作家・阿川佐和子の父)

頼近美津子(アナウンサー)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:慶応義塾大学 法学部法律学科 偏差値70(超難関)

 

大下容子さんは高校卒業後は、名門私大の慶応義塾大学に進学しています。

 

大学では法律を専攻するとともに、テニスサークルにも所属していました。

 

(大学時代)

 

テレビ朝日入社当初はさほど目立った存在ではなかったものの、28歳で「ワイドスクランブル」のMCに起用されると、知名度も上昇。

 

またアナウンサーとしての実力も高く、このところは「好きな女子アナウンサーランキング」にも上位に入るほどの人気です。

 

大器晩成タイプのようですから、今後のさらなる飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ