川嶋あいの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

川嶋あい(かわしま あい)

 

 

1986221日生

身長155

 

福岡県出身のシンガーソングライター

本名は川島愛で旧芸名は川島あい

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

当初は演歌歌手を目指しており、北島三郎や鳥羽一郎などの公演の前座を務めたこともある。

 

1999年に川島あい名義で演歌歌手として「十六恋ごころ」でデビューするも、まったく売れずに演歌歌手を断念。

 

 

その後は路上ライブなどで活動。

 

 

2003年にデュオの「I WISH」のメンバーaiとしてデビューして、デビューシングル「明日への扉」がいきなりオリコンNO.1のヒットとなる。

 

 

2005年をもってI WISHを解散し、川嶋あい名義でソロ活動に専念。

 

ソロとしても「絶望と希望」や「My Love」などの楽曲がヒットを記録。

 

ソングライターとしても活動しており、高畑充希や昆夏美らに曲を提供している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 沖学園高校隆徳館科 偏差値47(やや容易)

※堀越高校を経てクラーク記念国際高校を卒業

 

川嶋あいさんが入学したのは、私立の共学校の沖学園高校です。

 

同校は部活動が盛んで、ゴルフ部は全国的な強豪として知られています。

 

系列の沖学園中学校(隆徳館中学校:偏差値44)から、同校に内部進学しています。

 

川嶋さんは実の父親が行方不明で、実の母親が3歳の時に死去。

 

その後は児童養護施設で育って養父母に引き取られていますが、養父を10歳で、養母を16歳で亡くすなど不幸な学生時代を送っています。

 

幼い時から歌が得意でなおかつ中学生の頃には作詞や作曲ができたので、中学2年生で演歌歌手としてデビューしましたが鳴かず飛ばず。

 

しかしその後デモテープを送ったソニーミュージックと契約し、デビューに備えるために堀越高校のトレイトコース(偏差値37)に転校しています。

 

堀越時代には山下智久さんや上戸彩さん、蒼井優さんらと同級生でした。

 

高校3年生の時にデュオのI WISHとしてデビューするといきなりデビュー曲が大ヒットしたことから多忙になって、通信制のクラーク記念国際高校(偏差値なし)に転校して卒業しています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

川嶋あいさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

前述の通り高校3年生の時に大ブレイクを果たしていますから、進学の選択肢もなかったものと思われます。

 

その後の活躍は周知の通りで、ソロに転向した後もヒット曲をリリースし、未だに高い人気を誇っています。

 

かなりの苦労人だけに末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ