関根勤の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

関根勤(せきね つとむ)

 

 

1953821日生

身長168

 

東京都出身のお笑いタレント、俳優

旧芸名はラビット関根

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの末っ子。

 

1974年にテレビ番組「ぎんざNOW!」の「素人コメディアン道場」で5週連続で勝ち抜いて初代チャンピオンになった際にスカウトされる。

 

ラビット関根の芸名でデビューして、「カックラキン大放送」や「欽ちゃんのどこまでやるの」などで人気者となる。

 

 

1985年から「笑っていいとも!」のレギュラーとなって、全国区の人気を得る(番組終了の20143月まで出演)

 

 

他にも「コサキン勝手にごっこ」や「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」、「王様のブランチ」、「もしもツアーズ」などの多数のバラエティー番組にも出演。

 

 

俳優としても「刑事犬カール2」や「あきれた刑事」、「痛快!ロックンロール通り」などの連続ドラマに出演した。

 

既婚者で長女はタレントの関根麻里。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 八潮高校 偏差値46(やや容易)

 

関根勤さんの出身校は、都立の共学校の八潮高校です。

 

港区立高輪台小学校から港区立高松中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学から高校時代はバスケットボール部に所属していましたが、スポーツはさほど得意ではないとのこと。

 

また中学生の頃からモノマネが得意で話も面白かったので、当時からクラスの人気者でした。

 

【主な卒業生】

薬師丸ひろ子(女優)

二階堂ふみ(女優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:日本大学 法学部 偏差値52(当時)

 

関根勤さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

法学部の行政管理学科(現在は公共政策学科)に在籍しています。

 

なお同学部は現在の偏差値は55程度ですが、関根さんが在籍した当時は今より低いものになっています。

 

大学3年生の時に素人参加型の番組に出場してチャンピオンとなると、芸能事務所にスカウトされます。

 

以降は同じ事務所の後輩の小堺一機さんとともに、事務所の先輩の萩本欽一さんの番組に起用されて人気が上昇。

 

1980年代半ばには、多くのバラエティー番組に出演する人気タレントとなりました。

 

現在でも幅広い層に根強い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ