田中彩子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

田中彩子(たなか あやこ)

 

 

1984223日生

 

京都府出身のソプラノ歌手、オペラ歌手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3歳からピアノをはじめ、2002年に単身オーストリアに渡り、ウイーンで声楽を学ぶ。

 

2006年にベルン市立劇場にて、「フィガロの結婚」でソリストデビュー。

 

以降はヨーロッパ各地や南米各地のオーケストラ定期公演に出演。

 

 

2010年にハンガリーの大手ネットショップ・Vatara.huCMに出演。

 

2012年に「華麗なるコロラトゥーラの芸術」でCDデビュー。

 

 

2014年の「ジョブチューン」で日本のテレビ番組に初出演。

 

その他にも「題名のない音楽会」や「情熱大陸」、「嵐にしやがれ」などの番組に出演している。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都府 西舞鶴高校 偏差値47(やや容易)

 

田中彩子さんの出身校は、府立の共学校の西舞鶴高校です。

 

高校の2学年下の後輩にタレントのギャル曽根さんがいます。

 

田中さんは幼少期からピアノを習っており、高校を卒業後は音大に進学してピアニストになろうと思っていました。

 

ところが手が小さいことからピアニストを断念して、声楽の先生についたところ、音階を上げてもどこまでも声を出せたので、周囲を驚かせました。

 

そのため高校時代には「100年に1人の逸材」と呼ばれ、ヨーロッパ留学を決意しています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:不明

 

田中彩子さんは高校卒業後は、ウイーンの大学に留学しています。

 

インターネット上では、進学先はウイーン国立音楽大学が有力とされていますが真偽は不明です。

 

同大は世界最高峰の音楽大学のひとつで、音楽教育の水準も世界トップレベルです。

 

200年の歴史を誇り、シューベルトやリスト、ワグナーやカラヤンなど、世界的な音楽家も多数輩出しています。

 

これほどまでの大学ですから、もし田中さんがこの大学を出ているならば、もっと公になってもいいはず。

 

音楽の都のウイーンには音楽大学が多数ありますから、他の大学の可能性もあるはずです。

 

とは言え大学時代に才能が開花して、日本史上最年少の22歳でソリストデビューを果たしています。

 

その後の活躍も目覚ましく、現在では世界を股にかけて様々な劇場に出演する人気ソリストです。

 

世界に認められた実力者でもあるので、今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ