若村麻由美の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

若村麻由美(わかむら まゆみ)

 

001

 

196713日生

身長162

 

東京都出身の女優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの長女で、弟と3人の妹がいる。

 

1985年に仲代達矢が主宰する「無名塾」に入塾。

 

同塾を卒業後の1987年に、NHKの朝ドラ「はっさい先生」のヒロインに

抜擢されて大ブレイクを果たす。

 

002

 

1991年の「フィレンツェの風に抱かれて」で映画初出演。

 

 

以降も多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は

「京都・女性記者シリーズ」や「素敵にライバル」、「白い巨塔」など。

 

2003年の「夜桜お染」で民放の連続ドラマに初主演。

 

 

2003年に宗教団体の代表と結婚したが、2007年に夫が他界した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 淑徳高校 偏差値63(やや難関・現在)

 

若村麻由美さんの出身校は、私立の女子校(当時)の淑徳高校です。

 

同校は現在は共学化されて偏差値も上がっておりますが、

若村さんの在籍時の偏差値は50台後半だったようです。

 

両親の教育方針で小学校5年生の時から長野県の八坂村立八坂小学校に転校し、

 

同校を卒業していますが、出身中学校は不明です。

 

若村さんは3歳の時から日舞をはじめ、高校1年生だった15歳の時には

当時の史上最年少で坂東流の名取となっています。

 

また高校3年生の時に無名塾の舞台「ハロルドとモード」を観て感激し、

女優を志すきっかけになりました。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

若村麻由美さんは高校卒業は無名塾に入塾したため、

大学などには進学していません。

 

高校3年生の時に無名塾のオーディションに合格し、

卒業後に入塾しています。

 

そして卒業した年の1987年に、当時はまったくの無名だったにも関わらず、

NHKの朝ドラのヒロインに抜擢されて大ブレイク。

 

以降は多くのテレビドラマや映画に出演する人気女優になりました。

 

知名度の割には連続ドラマや映画の主演作は少ないものの、

安定した演技力でSPドラマの主役を演じることもしばしばです。

 

現在は年齢も50代に入っていますが、相変わらずの美貌で多くの作品に

花を添えています。

 

結婚を境に一時はメディアへの露出も激減していましたが、

現在は女優業を本格的に再開させています。

 

根強い人気を誇る人気女優だけに、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ