稲田朋美(防衛大臣)の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

稲田朋美

 

稲田

 

1959220日生

 

福井県出身の政治家、弁護士

旧姓は椿原

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1982年に司法試験に合格し、1985年に弁護士登録。

 

1990年に税理士登録し、2004年に弁護士法人光明会の代表に就任。

 

南京事件の公演をおこなっていた際に、聴講していた安倍晋三

(当時は自民党幹事長代理)にスカウトされる。

 

2005年の衆議院議員選挙に、福井1区から自民党公認で立候補して当選。

 

2009年の衆議院議員選挙では自民党の地盤沈下の中、ただひとり

与党の民主党の現職を小選挙区で破り当選。

 

2012年の衆議院議員選挙で3選を果たし、内閣府特命担当大臣として

初入閣。

 

2014年の衆議院議員選挙でも圧勝し、4選を果たす。

 

2016年に防衛大臣に就任。

 

私生活では1989年に弁護士と結婚し、息子と娘がいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都府 乙訓高校 偏差値56(中の上)

 

稲田朋美さんの出身校は、府立の共学校の乙訓(おとくに)高校です。

 

同校は現在では普通科のほかに、スポーツ健康科学科を併設していますが、

稲田さんの在籍時は普通科のみの高校でした。

 

稲田さんの高校時代の情報はほとんどなく、父親が教員であったこと

くらいしかわかりません。

 

また家族仲は非常によかったと語っています。

 

後に司法試験に合格して弁護士になりますが、意外にも中程度の高校に

通学していました。

 

【主な卒業生】

有田芳生(政治家・ジャーナリスト)

海堀あゆみ(女子サッカー)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:早稲田大学 法学部 偏差値68(難関)

 

稲田朋美さんは高校卒業後は、早稲田大学に進学しています。

 

弁護士を目指したのは大学4年生になってからで、それまでは

普通の学生生活だったようです。

 

また以前から弁護士になろうという夢を持っていたわけではなく、

当時は男女雇用機会均等法がなく、満足のいく就職先が見つからなかった

のでやむなく弁護士を目指しました。

 

司法試験には一度失敗したものの、1日16時間の猛勉強をして二度目で

合格しています。

 

なお、その後結婚することになる弁護士の男性も、同じサークルで

司法試験を目指していました。

 

その後は安倍晋三現首相にスカウトされる形で自民党に入党し、

初めて出馬した衆議院議員選挙で当選し、国会議員になりました。

 

政治家になってからは順調にキャリアを重ね、わずか7年で大臣になっています。

 

また選挙にめっぽう強いことでも知られており、自民党が与党に返り咲いてからは

圧勝で当選しています。

 

現在は森友学園問題などで渦中にいますが、今後の動向なども注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ