仲代達矢の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

仲代達矢(なかだい たつや)

 

 

19321213日生

身長178

 

東京都出身の俳優

本名は仲代元久(もとひさ)

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの長男で、姉と弟、妹がいる。

 

1955年に俳優座に入団し、同年の「幽霊」で映画初出演。

 

1959年の「人間の條件」で映画初主演。

 

 

以降は「用心棒」や「椿三十郎」、「天国と地獄」などの映画に出演して、俳優としての人気を不動のものにする。

 

 

1975年に「無名塾」を設立して後進の養成をはじめ、役所広司や若村麻由美、滝藤賢一らを輩出している。

 

 

「新平家物語」や「飢餓海峡」、「風林火山」などのテレビドラマにも出演している。

 

また「マクベス」や「リチャード三世」など日本を代表するシェークスピア俳優として名高い。

 

 

私生活では1957年に女優の宮崎恭子と結婚したが、1996年に死別。

 

 

娘で女優の仲代奈緒は妻の妹の子供(養女)

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 北豊島工業高校(中退) 偏差値39(現在)

※後に都立重機工業学校と都立千歳高校定時制課程を卒業

 

仲代達矢さんが入学したのは、都立の共学校の北豊島高校です。

 

港区立青南小学校から世田谷区立烏山中学校を経て、同校に進学しています。

 

仲代さんは小学校2年生の時に父親を亡くしており、母子家庭だったことからかなり経済的に困窮した学生時代を送っています。

 

青南小学校時代は弁当のおかずがなく、母親が教師から「ここはあなた方のような貧乏人が来る学校じゃない」と罵られています。

 

常に満足に食べれていなかったので毎晩のように食べ物の夢を見ており、甘いものが欲しかった時は歯磨き粉を舐めたほどです。

 

そのため子供の頃から弟とともに働いており、高校時代も中学校の用務員をしながら同校の定時制課程に通学しています。

 

高校時代は映画に熱中しており、食事代や交通費を削って年間300本ほどの映画を鑑賞しています。

 

しかし同校は池袋にあったことから空襲が激しくなって通学困難になり、中退しています。

 

そしてその後に都立重機工業学校(現在は閉校)に編入して卒業しています。

 

卒業後は弟や親戚らと製麺屋をはじめていますが、普通科の都立千歳高校の定時制課程に入学して、こちらも卒業しています。

 

【北豊島工業高校の主な卒業生】

布施辰徳(モノマネタレント)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

仲代達矢さんは高校卒業後は大学などに進学していません。

 

当初は学歴不問ということでボクサーを目指しましたが、俳優座の舞台を鑑賞した際に、俳優の千田是也さんの演技に感銘を受けて19歳で俳優座養成所に入所します。

 

22歳で俳優座入団後は早々に映画に起用され、映画スターへの階段を昇っていきます。

 

人気俳優になった後も、無名塾を設立して多くの後進の養成にも当たってきました。

 

既に年齢は80歳を超えていますが現在も精力的に活動しており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ