設楽統(バナナマン)の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

設楽統

 

設楽1

 

1973423日生

身長175

 

埼玉県出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「バナナマン」のボケ

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

1993年に渡辺正行の付き人になる芸能界入り。

 

同年10月に日村勇紀とコンビ「バナナマン」を結成。

 

設楽3

 

2003年の「内村プロデュース」に出演をきっかけに知名度が上がり、

その後は多くのバラエティー番組に出演。

 

また「アンビリバボー」や「TOUは何しに日本へ」など番組の司会を

担当することも多い。

 

コンビ以外でも番組出演が多く、「ノンストップ!」や

「クレイジージャーニー」では司会やMCを担当している。

 

また俳優としても「Mr.ブレイン」や「ハガネの女」などの

連続ドラマに出演している。

 

2012年に「イロドリヒムラ」で監督デビューを果たした。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 秩父農工高校 機械科 偏差値42(容易)

※現在は秩父農工科学高校

 

設楽統さんの出身校は、県立の共学校の秩父農工高校です。

 

皆野町立皆野中学校から同校へ進学しています。

 

設楽さんは中学校では野球部に所属していましたが、

高校ではバンド活動に熱中していました。

 

文化祭でもバンド演奏を披露するために遅くまで機材準備などを

張り切っておこなっていたところ、喫煙が先生に見つかって

停学になってしまい、結局は出演できなかったというエピソードもあります。

 

また中学や高校を通じて女子にはモテましたが、幼なじみの同じ女子に

中学時代と高校時代の二回にわたってフラれています。

 

設楽2

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

設楽統さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、就職することになります。

 

父親が西武系のホテルの支配人をしていたことから、西武鉄道に

縁故採用で就職となり、西武線の小手指駅で駅員として勤務していました。

 

ところがわずか半年で辞めてしまい、その後はフリーターなどを

経験した後にお笑い芸人を目指すことになります。

 

「バナナマン」結成後は大ブレイクこそしなかったものの、

ジワジワと人気が出てきて現在に至ります。

 

またMCや司会などを務める器用さも兼ね備えていますので、

多くの番組で重宝される貴重な存在です。

 

人気と実力を兼ね備えていることでも知られていますので、

今後の活動なども気になる存在です。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ